セルフ脱毛画像

[ セルフ脱毛 ] 脱毛・ムダ毛ケア

無駄毛のセルフケアでブツブツや埋没毛になっていませんか?間違った自己処理はトラブルの元!このページでは自分で行う脱毛の注意点や正しい方法などをまとめました。更なるクオリティを求める方には、エステサロンの仕上がりに負けない脱毛器など最新ケアグッズもご紹介しています。

イメージ画像

脱毛器具は種類が増え、仕様も価格も多岐にわたっています。安価で手軽に時短脱毛できるものから、サロン顔負けの永久脱毛まで、選択肢が増えた脱毛器具を紹介します。 目次 脱毛器具の特徴 家庭用脱毛器は、製品によって仕様・構造が異なります。 「脱毛」という名前がついていても思い込みをせず、「今ある毛を処理するだけ」なのか「毛が生えて来なくなる」のかを、確認して購入しましょう。 フラッシュ式 一般に脱毛エステやサロンなどで使用される脱毛方法と同じ「光脱毛」の部類になります。フラッシュ脱毛器は、光の力をを利用して毛根に作用します。 フラッシュ脱毛器の痛みはレーザー脱毛に比較すると、ほとんどないと言えます。とはいえ、VIOのような毛が太くて皮膚が薄い部分では痛みを感じます。 冷やしながら施術…


イメージ画像

除毛クリームはカミソリ同様、入手しやすい商品です 除毛クリームはドラッグストアや雑貨店で目にすることができます。ムダ毛処理のアイテムのひとつ、脱毛クリームについて、脱毛の仕組みと注意点を紹介します。 目次 除毛クリームの基本 除毛クリームは、毛のタンパク質を溶かして毛を除去する商品です。 ほとんどにアルカリ性の薬剤が入っていますので、肌そのものが刺激に弱い人や、敏感な時期にある人、薬剤の臭いに敏感な人は使用を避けましょう。 除毛クリームは製品説明書に必ずパッチテストをするように明記してあります。 パッチテストとは? パッチテストを怠ると、広範囲でトラブルを起こすなど大変なことになります。 パッチテストをきちんと行うことで、かぶれや炎症が無いかだけではなく、自分の肌がアルカリ系の…


イメージ画像

「剃ったり抜いたりすると良くないよ。やめなよ!」と耳にします。 カミソリで剃れば、新しく生えてきた毛がちくちくして、とても嫌な思いをしますし、肌をいためます。 そり跡が赤く腫れるのを繰り返せば、黒ずみとなり皮膚が真っ黒になるのです。 抜くのは、抜くこと自体が痛いだけではなく、抜いた跡に雑菌が入り込んで膿がたまったり、毛が皮下にもぐった「埋もれ毛」になります。 かといって、「処理せずぼーぼーのままでよい」とはならないのが脱毛の不思議。日本の常識です。 私の父(58歳)が、テレビを見ながら出演者の女性のワキが黒ずんでるのを見て、「ちゃんと処理しないからこういうことになるんだよ」と知ったような口で言われた時にはイラッとしました。 「これだから男は!!!」です。 日本の男性は、「女子の…