見過ごせない顔の産毛剃りとピーリング効果

947_mv

顔の産毛に悩まされている女性は案外多いものです。

顔の産毛は、お肌のツルスベ感を奪いがちですし、衛生的な面でも、放置しておくことはおススメできません。

では、顔の産毛を放置しておくと、どのようなトラブルが発生しやすくなるのでしょうか?
また、顔の産毛剃りを行うメリットとは、どのようなところにあるのでしょうか?

顔の産毛を放置しておくと?

947_1

私たちの身体にはいたるところに体毛が生えていますが、これらは存在している意味をきちんと持っています。

体毛が果たす役割とは、紫外線から素肌を守る、外部からの衝撃から素肌を守る、保温の役割を果たすなどがあります。

では、顔の産毛の存在意義は、いったいどのようなところにあるのでしょうか?
顔の産毛もまた、体毛と同じ役割を果たすために存在しています。ところが、これを放置しておくことにより、あるトラブルが発生しやすくなります。

それは、産毛に付着した皮脂や外部からの汚れが、毛穴の詰まりやニキビ、吹き出物の原因となることがあるということ。

つまり、本来であればお肌を守る役割を果たす役割を持つ顔の産毛であっても、長期間放置することは望ましくないということです。

顔の産毛剃りのメリット

947_2

毛穴詰まりやニキビ、吹き出物の予防になるということは前述のとおりですが、顔の産毛剃りを行うことにより、ピーリング効果も期待することができ、メイクのノリがよくなるという副産物も得ることができます。

このように多くのメリットを期待することができる顔の産毛剃りですが、自分で行うに当たっては、少々注意が必要です。

顔の産毛剃りの注意点

947_3

顔の産毛剃りをセルフで行うに当たっては、安全カミソリやシェーバーなどを用いることが多いのではないかと思います。

これらのアイテムで行うケアはとてもお手軽ですし、ご自身のお好きなときに行うことができるというメリットがあります。

ここで注意して頂きたいことは、それらのアイテムを使用してケアを行う際、力を入れ過ぎないということ。

余分な力を加えずに顔の産毛剃りを行ったのであれば、産毛と表面の角質層を適度に取り除くことができますが、一歩間違えると角質層を削り過ぎて肌荒れの原因となることもあります。

安全カミソリやシェーバーは刃物ですので、お肌への刺激がゼロであるというわけではありません。ご自身でケアを行う際には、くれぐれも余分な力を加えないよう、注意しましょうね。

そして、ケア後の保湿も忘れてはいけません。ここできちんと保湿を行っておかないと、一時的に産毛や角質層が取り去られたお肌がビックリし、過剰な皮脂分泌を開始してしまうことがあります。

余分な力を加えないこと、ケア後の保湿を忘れないこと。
セルフで顔の産毛剃りを行う際には、最低限、このふたつの事柄に注意を払いましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング