なんとかしたい二の腕周りのお肌のポツポツザラザラ

[更新]  /  [公開] 2015年4月16日

936_mv

子供の頃から、二の腕を中心にポツポツザラザラとしたニキビのようなできものがあって、大人になっても治らない・・・。

これは、10代、20代の若年層の方に多い悩みです。

このようなお肌の状態で痒みを伴うものであれば、なんらかの物質によるアレルギー症状、あるいは食品の成分などによるアレルギー症状であることが考えられ、皮膚科の治療により改善されることも少なくはありません。

また、一時的にお肌にポツポツとした赤い発疹ができたり、なんとなくガサガサしていたりしたのにも関わらず、いつの間にか治っていたということもあります。

この場合では、ホルモンバランスの崩れによるじんましんや、ダニなど微生物による虫刺されであることもあります。

ところが、ポツポツザラザラが長期に渡って続き、いつまでたっても改善されないというのであれば、次のような皮膚のトラブルが考えられます。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

936_1

特に二の腕を中心に、太もも、ヒザ下、背中などにポツポツザラザラとした症状が現れ、いつまでも改善されない場合には、この皮膚疾患の可能性が濃厚です。

毛孔性苔癬が起こる原因は、毛穴詰まり、代謝異常、あるいは遺伝による体質であるという説が有力ですが、実際のところ、はっきりとした原因は究明されていません。

二の腕のブツブツ・さめ肌「毛孔性苔癬」は改善できる

毛孔性苔癬は治らない!?

936_2

完治するとは言い切れませんが、症状を緩和する方法であれば、いくつか存在しています。

ひとつ目には、ケミカルピーリングという方法。

これは、メディカルエステや美容外科、美容皮膚科などで行っている施術であり、お肌の表面の角質層を化学薬品で溶かし、新たな皮膚再生を試みるという方法です。

ただし、この方法はお肌に対する刺激が強く、逆効果となってしまうこともありますので、必ず専門家の意見を仰ぎ、施術を受けるのであればその後のセルフケアの方法もきちんと教えてもらいましょうね。

自己治療での完治は難しい?

936_3

お肌の乾燥など、単純な理由で起こっている症状であれば、市販されている尿素配合のクリームで対応できることが多いものです。

ところが、前述の通り毛孔性苔癬が起こる原因ははっきりしておらず、セルフケアが逆効果をもたらしてしまうことも考えられます。

専門家への相談には、それなりに費用と時間が必要ですが、症状が悪化してしまう前に治療を開始することがベストであるといえます。

これだけはやってはいけません

936_4

ポツポツザラザラが気になると、入浴時にナイロンタオルでゴシゴシとこすってしまいたくなるのではないかと思いますが、これだけは絶対に止めて下さい。

というのは、必要以上に強い刺激を受けたお肌は、ますます角質層を厚くし、表皮を守ろうと頑張りはじめるからです。

今、あなたがしなければならないこと。

それは、天然植物成分を高濃度で配合しているクリームなどで、しっかりと保湿を行うということです。
その上で、専門医による治療を受けることが、毛孔性苔癬を改善するいちばんの近道となりますよ。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング