日常生活で行えるハンドケア

885_mv

特に水仕事が多い主婦の方の中には、1年中手荒れに悩まされている方が多いのではないかと思います。

また、化学薬品に触れる機会が多い方なども、水+化学薬品により手荒れが起こりやすいのではないでしょうか。

現在、ハンドケア専門のサロンも存在しており、そのような場所ではプロによるハンドケアの施術を受けることができます。

ですが、手荒れはたった1回の施術でどうにかなるというものではないため、できればセルフで行えるケアをマスターしてしまいたいものですよね。

ここでは、水仕事を行う際の注意点とセルフで行うことのできる簡単なハンドケアについて、ご紹介させて頂くことにします。

ゴム手袋、使っていますか?

885_1

手荒れの防止にはゴム手袋の着用が基本・・・。そのように考え、水仕事の際にゴム手袋で手を保護しているという方は多いのではないでしょうか。

それは大正解、ゴム手袋は手荒れを防止する素晴らしいアイテムです。
問題は、その使用方法です。

あなたは、ゴム手袋を使用する際に、直接素肌に着用していますか?
そうだとしたら、少々問題があります。

まず、ゴム手袋の構造を考えてみましょう。ゴム手袋にはさまざまな種類がありますが、その多くは密閉性が高く、使用中に手に汗をかくこともあるでしょう。

つまり、ゴム手袋の内部は水分により雑菌が繁殖しやすいということがわかりますね。
ということは、ゴム手袋を直接素肌に着用し続けると、雑菌により手荒れが起こりやすくなるということです。

ゴム手袋は、使用後に裏返して陰干ししておくことが望ましいのですが、それだけは不十分です。

ゴム手袋を使用する際には、薄いコットン製の手袋を着用し、その上からゴム手袋を着用しましょう。これにより、ゴム手袋の雑菌による手荒れを防止することがあります。

その際に使用したコットン製の手袋は、面倒でも1日1回はお洗濯し、常に清潔なものを使用して下さいね。

セルフハンドマッサージ

885_2

このマッサージ方法はいつ行うという決まりはありませんが、就寝前に行うと、特に高い効果を得ることができます。

1.ハンドクリームを手全体に伸ばします
2.指のつけ根から先端に向けて、螺旋を描くようにマッサージします
3.指のつけ根、第1、第2関節部分を、クルクルと撫でるようマッサージします
4.それぞれの指を、手の甲側に軽く反らせます

たったこれだけです。

就寝前にこのマッサージを行った場合には、薄いコットン製の手袋で手を保護してからお休み下さい。

毎日酷使している手だからこそ、毎日思い切りいたわってあげたいもの。
簡単なマッサージで、頑張っているあなたの手にご褒美をあげて下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング