梅雨時のスキンケアで気をつけたいこと

883_mv

梅雨時には、古傷が痛む。このような話を見聞きしたことのある方は多いはず。

そのような身体のトラブルが起こりやすいのが梅雨時ですが、実は、梅雨時はお肌のトラブルが発生しやすい時期でもあります。

梅雨時に発生しやすいトラブルは、おもに下記の3つです。

皮脂の過剰分泌

883_1

皮脂が過剰に分泌されると、せっかくきちんとメイクを行っても崩れやすくなることがあります。この原因には、皮脂の過剰分泌が考えられます。

普段は普通肌の方であっても、なぜか梅雨時になるとお肌のテカリやべたつき感が気になるという方は多いですよね。

それはいったい、どのようなところに原因があるのでしょうか?
その原因は、湿度の高さにあります。

皆さんは天気予報などで湿度の指数をご覧になったことはありませんか?

梅雨時であれば、平均的な湿度の指数は60%以上となっており、さらに高温な気温が加わるためにお肌のべたつき感を必要以上に感じることになります。

ここで気をつけて頂きたいことは、べたつき感が気になったとしても、洗顔後には必ず保湿を行うということ。

洗いっぱなしの素肌は非常に無防備な状態であるため、保湿が行われないお肌は皮脂を過剰に分泌させて外部からの刺激をブロックしようと頑張りはじめます。

洗顔後には保湿。これが基本であることを覚えておきましょう。

毛穴の開き

883_2

これもまた、過剰な湿度や高温の外気によって起こるトラブルであり、保湿を怠ったお肌に多く見られます。

毛穴の開きにはいくつかの原因がありますが、梅雨時に限って毛穴の開きが気になるというのであれば、それは明らかに保湿不足が原因です。

ここでいう保湿とは、外気の湿度をお肌に取り込むということではなく、洗顔後の保湿を意味します。
梅雨時の毛穴が気になるのであれば、洗顔後には必ず保湿を行って毛穴の開きを防ぎましょう。

顔ダニの発生

顔ダニとは、顔から分泌される汗や皮脂、老廃物などを食料として棲息するダニを指します。

ダニを肉眼で確認すること非常に難しく、顔や身体に発疹などの異常が現れて、初めてダニの存在を意識するという方は多いのではないかと思います。

顔ダニはアレルギーの原因となる場合もありますので、発生させないことがいちばんですが、その対策方法としては、クレンジングと洗顔をきちんと行い、就寝前のお肌を清潔な状態に保つことです。

そして、寝具。

不潔な状態の寝具にはダニの食料となる物質が多く付着していますので、梅雨時には特に寝具をこまめに選択し、完全に乾燥させたものを使用するよう心がけましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング