春特有の肌荒れ。その原因とは?

881_mv

毎年、桜が咲く季節になるとどうも肌の調子が悪くなる。

このような悩みをお持ちの方は多いですね。肌トラブルは季節を問わずに起こるものではありますが、春には独特の肌荒れが起こることがあります。

中でも、とくに目立つのがお肌の乾燥でしょう。

ホルモンバランスの乱れ

春はホルモンバランスを崩しやすい季節です。

というのは、3月下旬から4月上旬にかけては気温が安定しない日が続いたり、急に気温が上昇したりする日が続いたりすることが多く、それによりホルモンの分泌量が変わるからです。

また、ホルモンバランスの崩れが原因で自律神経系統の疾患が現れやすくなるのもこの季節です。

春は新陳代謝が高まりやすく、細胞の入れ替わりが激しくなりますが、ホルモンバランスの崩れにより、ひどい肌荒れが起こる可能性があるということを知っておきましょう。

空気の乾燥

881_1

春に空気の乾燥?と、不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。

実は、3月と4月は、11月や12月と同様、非常に外気が乾燥しやすい季節であり、それがお肌の乾燥や皮脂の過剰分泌を招き、肌トラブルを引き起こしやすくします。

春は皮脂分泌が多くなり、お肌のべた付きが気になるという方は多いのではないかと思いますが、洗顔のし過ぎは肌荒れのもととなります。

入念な洗顔のあとには必ず保湿を行い、お肌の乾燥を防ぐ工夫を行って下さいね。

紫外線

881_2

紫外線が強くなり始めるのは、3月下旬からです。

ただし、この時期の紫外線は真夏ほど強いものに感じることがないため、ついつい紫外線対策を怠りがちになります。

ところが、この時期から紫外線はジワジワとあなたのお肌に浸透し、表皮の細胞を壊し始めています。

また、曇りの日であっても、紫外線は思いのほか多く放出されています。春になったら紫外線対策をお忘れなく。

花粉

881_3

アレルギー症状の元凶となるのが、スギやヒノキの花粉ですね。自分は花粉症ではないから関係ない。そのように考えたあなた、そうではありません。

アレルギーの有無は別として、花粉は粘着質であるという特徴を持っているため、私たちのお肌にしっかりと張り付きます。そしてこれが毛穴をふさぎ、肌トラブルを引き起こす原因となることがあります。

早ければ2月あたりから飛散をはじめる植物の花粉は、アレルギーの有無に関係なく、肌トラブルを起こす原因となります。

花粉の飛散がはじまったら、入念なクレンジングと洗顔、シャンプーで、身体に付着した花粉をできる限り取り除くことが大切です。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング