なんとかならない?お肌の黒ずみ

877_mv

顔は身体の中でも最も目立つ部分であり、黒ずみができてしまった場合、比較的容易に発見することができますね。

ところが、身体のいたるところに現れた黒ずみに関しては、なんらかのきっかけがないと発見することが難しい場合もありますね。

いつの間にかできていた黒ずみ、その原因と対処方法についてのお話です。

顔の黒ずみの原因とは?

877_1

お肌へ与えた刺激と、化粧品が大きな原因となっています。

まず、お肌への刺激ですが、これはカミソリやシェーバーなどでのケアの際にお肌へ加わった刺激や、強めの力を加えたマッサージによりお肌が受けた刺激を意味します。

このようなケアは、1回や2回で黒ずみができてしまうことはまずありませんが、習慣的なケアによって起こってしまうことが考えられます。

ケアを行う際には、できる限りお肌への刺激がかからない方法で行いましょう。
そして、化粧品です。

普段使いの化粧品は、主審前には必ずオフしておく必要がありますが、不十分なクレンジングや洗顔により、これらの化粧品が毛穴に残ってしまうことにより酸化が起こり、これが色素沈着を起こして黒ずみの原因を作り出すことがあります。

就寝前には必ずきちんとメイクをオフし、保湿ケアを行いましょう。

身体の黒ずみの原因とは?

877_2

きつい衣類の締め付けによる原因が挙げられます。たとえば、下着に使用されているゴムやワイヤーがきつくて、お肌が痒くなったり、痛みを感じたりしたことはないでしょうか?

そのような状態だけでも不快感を覚えるものですが、そのようなゴムやワイヤーがお肌を刺激して黒ずみを発生させることがあります。

そして、身につける衣類の素材も忘れてはなりません。

硬くてお肌への刺激が強い素材、あるいは化学繊維でアレルギーなどの過敏反応が起こりやすい素材の衣類を日常的に身につけることによっても、お肌の黒ずみが起こることがあります。

普段から身につけている衣類に対してなんとなく不快感を覚えているのであれば、締め付けの少ない衣類や天然素材の衣類へ切り替えるなどして、黒ずみからお肌を守りましょう。

また、入浴中にナイロンタオルでお肌をゴシゴシとこすり洗いをすることもおススメできません。

毎日強い刺激を与えられ続けたお肌は、やがて黒ずみを作ることによってあなたに警鐘を鳴らすことになるでしょう。

紫外線による黒ずみ

877_3

少しくらい紫外線を浴びても大丈夫。

そのような考え方は危険です。紫外線は私たちが思っている以上に、お肌に対して大きなダメージを与えます。

紫外線が強く降り注ぐ季節ではなくても、1年を通して紫外線をブロックする工夫を行いましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング