シワ・たるみが加速!お肌の老化を早める酸化とは?

[更新]  /  [公開] 2015年2月9日

6_1

皮膚に老化のトラブルを起こす要因の一つが「酸化(さんか)」。酸化とはなんでしょうか?
人間は日々呼吸することによって、酸素を体内に取り入れています。酸素が無いと生きていけません。

しかし、エネルギーとして使いきれずに体内に残った酸素は、活性酸素へと変化し、トラブルを起こします。
活性酸素は体を攻撃し、病気や老化という現象を引き起こします。

お肌の老化を促進してしまう「酸化」

人間の体には、もともと体内に発生してしまう活性酸素を消す働きがあります。
それは「SOD」という分解酵素を生成する能力であったり、抗酸化物質による活性酸素への防御システムなのですが、それらは年齢と共に衰えていきます。
体内の抗酸化力が低下すると、「老い」として肌にトラブルが生じます。
肌の深い部分、真皮のコラーゲンの代謝が悪くなり、硬くなって弾力が低下することで「シワ」や「たるみ」の原因になります。

環境や生活習慣によって加速する「酸化」

6_2

酸化は環境や生活習慣によって加速し、体を劣化させていきます。
加速させる環境の要因としては「紫外線」「大気汚染」「ストレス」。生活習慣としては「喫煙」や「食生活の乱れ」が挙げられます。
老化の原因は大きく二つに分けて「紫外線8割:加齢2割」と言われるほど、環境や生活習慣による加速度合いは深刻なのです。
逆に考えると、自分自身が食生活や環境に気をつけることによって、老化のスピードを遅くすることができるということです。

抗酸化力を外から取り入れる、カロテノイドを継続摂取することがカギ

6_3

環境を変えることはなかなか難しいですが、「環境ストレスに強い体づくり」をすることによって、なかなかできない生活環境の改善を計ることができます。
抗酸化力は「食事」「運動」「美容」によって補うことができます。
カロテノイドとは、色の濃い野菜に含まれている活性酸素消去成分の総称です。代表的なものとして、「ベータカロテン」「リコピン」「アスタキサンチン」といったものがあります。
これらは活性酸素と戦うと無くなっていきますから、継続的に摂取することが大事です。色の濃い野菜の「赤」「黄」「緑」「紫」は、それぞれ含まれるカロテノイドの能力が異なり、人間の各臓器で摂取されやすい性質が異なります。
複数の野菜からカロテノイドを摂取することで、全身で摂取し、抗酸化力を高めることができます。

[ アンチエイジング ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング