女性の健康診断!女性を守る“レディースドック”のすすめ

身体の様々な異常の早期発見に役立つ、人間ドックや健康診断。
どちらも胃カメラやレントゲン、血液検査など複数の検査を行い外的には発見しにくい病気の早期発見に役立つ大切な検査です。

社会人の方なら、定期的に健康診断や人間ドックどちらかを受けているなんて人も多いと思います。

しかし、実は一般的な健康診断や人間ドックでは乳がんや子宮がん、子宮筋腫など女性特有の病気は発見できないって知っていましたか?

そこで、注目したいのが“レディースドック”です。

レディースドックって何?

「レディースドック」とは、一般的な健康診断と女性特有の病気を発見するための婦人科検査がセットになった人間ドックのことを指します。
レディースドックという呼び方以外にも、レディースセットやレディースコースなど検査内容は同じでも医療機関によって呼ばれ方は様々です。

女性特有の疾患は、初期段階で自覚症状がほとんど出ない場合も多く、気づいた時には進行がかなり進んでいたという状況も珍しくありません。

女性特有の病気にかかわらず、病気の早期治療に必要なのは何よりも早期発見を心がけることです。

そこで、女性の体に合わせ一度で全身の健康状態やコンディションを検査できるレディースドックが注目されているのです。
レディースドックは基本的に“一般的な健康診断+婦人科検診”で構成されています。

レディースドックで受けれる婦人科検診について詳しく説明していきたいと思います。

乳がん検査

乳がん検査は女性のがんで子宮がんと同じく発症率の高い乳がんや腫瘍を発見するための検査です。

・マンモグラフィ

乳房X線撮影のことを指し、乳がんの初期症状である乳腺内の小さな石灰化部分を映し出すことができます。
乳がん検査の中では唯一、乳がんの発生部分を早期ではっきりと確認できる検査です。
検査方法は透明のプラスチック製の板で胸を押しつぶすようになるべく平たくつぶした状態でX線を撮影するため、多少の痛みを感じることがあります。
また20~30代の乳腺が発達している女性は乳腺に隠れて石灰化部分を見つけにくくなることがあります。

・乳腺エコー

乳房に超音波をあてることで、エコーを画像化し乳房内にできたしこりを見つけていきます。
触診ではわかりにくい小さなしこりを見つけることができ、形や大きさ、しこりの境目部分を確認することで悪性か良性かを判断します。

上記2つが乳がん検査で主流となっている検査です。

子宮がん検査

婦人科系のがんで一番多いのがこの子宮がんです。
子宮がんには、子宮頚部の粘膜から発生する“子宮頸がん”と子宮付近の腫瘍ががんになる“子宮体がん”があります。子宮がん検査では主にこの2つのがんを検査します。

・子宮頸部細胞診

内診によって子宮の入り口付近(頸椎)の粘膜を細い棒状の綿棒のようなものでこすりとるように採取し、細胞を検査します。
子宮がんは初期症状が少ないため、自覚しにくく、悪化すると死に至る危険性も高い深刻な病気です。
性行為をしたことのある女性は、誰でも子宮頸がんにかかる可能性があります。
20歳を過ぎたら定期的に検査することをお勧めします。

・子宮体部(内膜)細胞診

プローブとよばれる器具を子宮内に挿入し、エコーによって子宮内部の状況を映し子宮体がんや子宮内膜症、卵巣の状態、嚢腫の有無などを判断します。

子宮がんの感染者は年々増えてきていますが、きちんと検査をすることで早期発見、や早期治療につながります。

もう何年も健康診断を受けていない、30歳を過ぎて健康に関する不安が大きくなったという人は一度検査を受けてみましょう!

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング