実はニキビの原因?お風呂でやりがちなニキビを悪化させる3つの習慣

[更新]  /  [公開] 2015年4月7日

758_mv

大人ニキビ改善のために日々スキンケアを頑張っている人は多いですが、それでもなかなか良くならない場合は、スキンケア以外の習慣を見直す必要があります。

特にお風呂で知らず知らずのうちにやっている習慣が、実はニキビの原因になっているということは意外と多いものです。

なかなか気が付きにくい、お風呂でやりがちなニキビを悪化させる習慣をご紹介したいと思います。

シャンプーやコンディショナーが合わない

スキンケアは肌に刺激の少ないものを選んでいるのに、何故かニキビが治らない。そんな場合に考えられるのが、シャンプーやコンディショナーが肌に合わないということです。

シャンプーやコンディショナーは直接顔に触れたりはしませんが、洗髪をして洗い流すことによって、どうしてもその配合成分が顔にかかってしまいます。

スキンケア同様、石鹸系やアミノ酸系、ノンシリコンなど肌に負担の少ないシャンプーやコンディショナーを選ぶと少しずつニキビは改善していきます。

クレンジングのし過ぎ

758_1

メイクを落とすクレンジング剤も、大人ニキビの原因になる場合があります。

特にするっと簡単に洗い流せるオイルクレンジングには、たくさんの合成界面活性剤が入っているので、肌への負担も大きく、毛穴の汚れまでしっかり落とそうと長時間顔をマッサージしていると、肌のバリア機能を壊し、ニキビの原因になったりします。

ニキビが気になる肌はなるべく洗顔料だけで落とせるメイクを選ぶか、ミルクやリキッドタイプなどの比較的肌への負担の少ないクレンジング剤に変えて様子を見てみましょう。

入浴をシャワーだけで済ましがち

忙しい毎日だったり、一人暮らしをしていると、どうしても浴槽にお湯を張るのが面倒で、シャワーで入浴を済ましてしまいがちです。

しかし入浴は浴室内の湿度も上がる上に、体を温めてデトックス効果を促進する効果もあるので、できれば毎日行いたい習慣です。

少し温めのお湯に20分程度入ることで、皮膚の血流も良くなり潤いもアップするので、ニキビ改善に欠かせないターンオーバーのサイクルを少しずつ正常に近づける効果も期待できます。

また、入浴することで毛穴をしっかり開くので、シャワーだけではなかなか落とせない毛穴の皮脂汚れを綺麗に落とし、ニキビを予防することもできます。是非今日からしっかり入浴する習慣を始めましょう。

これらはどれも些細なことばかりですが、知らず知らず続ける事で大人ニキビを悪化させる原因となるものばかりです。

毎日のお風呂での習慣をもう一度振り返ってみて、今夜から是非改善していきましょう。

大人ニキビケアでおすすめの化粧品と栄養補助サプリ

[ 特集 - 大人ニキビ ]

[ 大人ニキビ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング