カフェインレスコーヒーって美容効果はある?その製法とは?

アメリカからスターバックスコーヒーなどが入ってきて、日本人のコーヒーのスタイルも変わってきました。それまでは喫茶店や専門店で飲んでいたコーヒーを、もっとオシャレに飲めるようになったのです。

そして最近注目されているのが「カフェインレスコーヒー」。コーヒーなのにカフェインがないってどういうことでしょうか。

カフェインレスコーヒーには、コーヒーの美容・健康効果ってちゃんとあるの?

カフェインなしでも効果はある

カフェインレスコーヒーとは、文字通りカフェインがほとんど含まれないコーヒーです。
ディカフェとも呼ばれて、スターバックスなどでは通常のメニューに載っています。

カフェインレスコーヒーの作り方は後で説明しますが、もとは普通のコーヒーなので、完全にカフェインゼロというわけにはいきません。
それでも普通のコーヒーよりはカフェインが90%以上カットされていますから、ほとんど含まれていないといっていいでしょう。

気になる美容効果は、普通のコーヒーと変わりません。コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが豊富に含まれており、抗酸化作用があります。

クロロゲン酸とカフェインはまったく別の成分ですから、カフェインレスコーヒーを作る過程でカフェインを抜いてしまっても、クロロゲン酸=ポリフェノールはちゃんと残っています。だから美容効果や健康効果は変わらないんです。

カフェインレスコーヒーの作り方

カフェインレスコーヒーを作るには3つの方法があります。

まず普通のコーヒー豆から薬を使ってカフェインを溶かして取り除く方法です。
薬品はジクロロメタンなどを使い、コストはかかりませんがカフェイン以外の成分もなくなるというデメリットがあります。また薬が直接コーヒー豆に接触するため、飲むほうは不安に感じますね。

つぎは水と薬を使う方法です。先に生豆から水に溶ける成分を抽出します。
このなかにカフェインが含まれているので、カフェインを薬で抜いて、薬とカフェインが抜けた残りの成分を生豆に戻す方法です。
薬はいったん抽出したエキスに対して使われるので、生豆に接することはありません。
この方法だとカフェインだけが2段階に分けて抽出されるので、カフェイン以外の成分はあまり失われません。

最後の方法は、二酸化炭素を使うもの。
特殊な二酸化炭素でカフェインを除去します。使うのは二酸化炭素だけで、加工済みのコーヒー豆を常温に戻せば二酸化炭素の除去は簡単です。
万が一豆の中に残っていても、二酸化炭素に毒性はありません。薬を使わないので廃液処理の必要もなく、エコの面からも高く評価されています。

日本では規定がない

アメリカやヨーロッパなどでは、健康上の理由からカフェインを控えている人がとても多い。
そのためカフェインレスコーヒーに関しても、一定の基準が決められています。

日本ではまだ明確な規定がないため、カフェインレスコーヒーといってもカフェインの含有率は店ごとにさまざまです。

日本でも需要が増え、アメリカ並みのシェア(全市場の10%)になれば、カフェインレスコーヒーの共通基準ができるかもしれません。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング