やっぱりこれです、ブラックコーヒーダイエット。その効果は?

ダイエットはお腹がすいてつらい。
つらさに負けてダイエットが続かない→リバウンド→ダイエット前よりも太った、なんていう悪循環に陥ることは、ありがちな失敗です。

食事制限をするダイエットは、ストレスが大きくて失敗しやすいともいわれます。
でも大好きなコーヒーを飲むだけで痩せられるなら、続きそうですね。

カフェインで脂肪を蓄積させない

ブラックコーヒーを1日に3~4杯飲むことで痩せる、という減量法方があります。
このダイエット法の要は、コーヒーに含まれるふたつの成分です。

ひとつめはカフェイン。カフェインには、脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」を活発化する作用があります。
リパーゼの働きで脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解され、燃焼へと進みますから、リパーゼが活動的なら、それだけ順調に脂肪が燃えてくれるのです。

カフェインは脂肪細胞にあるアデノシン受容体の働きを悪くします。
アデノシンは脂肪の貯蔵をうながすものなので、受容体の働きが悪くなれば、脂肪がたまっている暇がなく、どんどん燃えていきます。

カフェインの脂肪燃焼と体熱産生は、体内に入ってから短い時間で起きますから、コーヒーを飲むとすぐに体がぽかぽかしてきます。
これは脂肪が燃えているからです。

クロロゲン酸で脂肪を燃やす

もうひとつ効果がある物質は、クロロゲン酸です。体内に入った脂肪は、肝臓や筋肉の細胞内にあるミトコンドリアという器官に取り込まれて、酵素の働きで燃焼しエネルギーになります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はミトコンドリアに働きかけて、脂肪の取り込みをうながします。
活発にとりこまれた脂質はしっかり燃焼し、体にため込まれない仕組みです。

カフェインもクロロゲン酸も脂肪燃焼の働きがありますが、ただ飲むだけでいい…と言う都合の良いものではありません。

ブラックコーヒーダイエットは、運動と一緒に行うことで初めて「脂肪燃焼の効率化」と言う真価が発揮されるのです。

飲むタイミングは運動する20~30分前。
アイスよりも暖かいブラックコーヒーの方が良いでしょう。

飲んでから30分ほどすると、カフェインが最も活躍する時間帯になりますので、このタイミングで有酸素運動をすると、普通にエクササイズするよりもっと脂肪が燃えやすい状態になっているのです。
コーヒーをたくさん飲んでも効果は同じなので、1杯飲めば十分です。

あのダルビッシュ選手もやっている

コーヒーの脂肪燃焼効果については、プロの運動選手も注目しています。
メジャーリーガーのダルビッシュ選手は食生活にとても気を使っていますが、あるテレビ番組で「トレーニングに有酸素運動メニューがある日はコーヒーを飲んでいく」と言っていました。
ダルビッシュ選手はあまりコーヒーが好きでないのに、練習の効果を上げるために飲んでいると言いますから、プロ意識に頭が下がりますね。

プロも認める効果があるコーヒー。
毎日の生活に上手に取り入れていきましょう。

[ ダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング