黄ばみ・くすみはお肌の「糖化」が原因かも!?

[更新]  /  [公開] 2015年2月9日

4_1

「砂糖のとりすぎ」というと、なんだか保健体育の授業でもスプーンの絵が出てきて色々説明があったような…、けど、砂糖の摂取しすぎで思い浮かぶのもって「糖尿病」だったりしませんか?糖尿病もとても怖い病気ですが、なんと「糖類」の取り過ぎは老化を進行させて肌に大打撃を与えているのです。ご存知でしたか?

体の機能として糖分を摂取すると、インスリンをだして血糖値を下げようとしますが、血糖値が高すぎると処理しきれなくなります。処理しきれなかった糖がたんぱく質と結びついて「AGEs」という物質が生まれて蓄積されることを「糖化」といいます。
たんぱく質は糖化すると褐色になり、様々な病気や美容トラブルを起こします。

たんぱく質の中でも、コラーゲンやDNAは寿命が長く、代謝による入れ替わりが頻繁ではないためAGEsが長い時間蓄積されてダメージを受け続けることになるのです。コラーゲンが糖化すると、肌の黄ばみやくすみを引き起こし、硬化してたるむ原因になります。

砂糖だけじゃない「糖類」

4_2

「糖」と聞くと最初に思い浮かべるのは「砂糖」ではないでしょうか?もちろん砂糖も糖です。普段の食事に含まれる砂糖の量はそれほどでもありませんが、清涼飲料水には大量に砂糖が含まれている上に、液体なので吸収されやすく急激に血糖値が上がる原因になります。
そして、「炭水化物」も人の体内に取り込まれると「糖」になるのです。
日本人の主食である白米はもちろん、パンやパスタといった小麦も炭水化物ですし、イモ類も炭水化物なのです。
人間が生きてる間、常に糖化のリスクにさらされ続けると言えます。

血糖値の急上昇を抑える

血糖値が高い状態は糖化を引き起こしますが、私たちの体や脳の働きを維持するには糖は無くてはなりません。
体内で分泌されるインスリンが処理できる範囲を超えないことが、必要な血糖値を維持しながら糖化しないポイントになります。
糖類が血管から急速に吸収されて血糖値が急に上がるとインスリンが処理しきれない糖の余分が発生します。血糖値の急上昇を抑える食事が、アンチエイジングになるのです。

食べすぎないもの、取るべきもの

4_3

低GI食品、消化しにくい食品を作に食べてから、炭水化物や糖類を摂取すると、消化や吸収が遅くなり血糖値の上がりが緩やかになります。
寒天やおくら、こんぶなどの水溶性食物繊維を含む食品を一緒に摂取すると、糖の吸収を抑えることが出来ます。
また、良く噛んで満腹感を感じると、そもそもの摂取量を減らすことができます。
出来てしまったAGEsの分解や排出にヨモギやレンゲソウ、ドクダミなどが効果的ですが、日常で実行するのは「防ぐ」ほうが手軽でしょう。

エイジングを加速させる「糖化を防ぐ」桜エキスって?

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング