あなたのクマは何色?【原因別】目の下のクマの解消法

[更新]  /  [公開] 2015年3月31日

721_mv

なんだか顔色が冴えない・・・。なんとなくそう感じて鏡の中の自分をよくよく観察してみたら・・・?

目の下にくっきりと現れているクマ。

クマができてしまうと、必要以上に疲れているように見えたり、老けて見えたりするものです。

ですが、ひと口にクマといいっても、その種類は3つに分類されており、それぞれに現れる原因が異なります。

茶グマ

721_1

色素沈着が原因となって起こるクマです。

色素沈着が起こるおもな原因には、紫外線によるもの、メイクの洗い流し残し、過度な洗顔によるお肌への刺激、ターンオーバーの乱れなどが挙げられます。

とりわけ、メイクの洗い流し残しは、就寝中にお肌の毛穴に入り込んで酸化し、毛穴詰まりや脂性肌や吹き出物の原因となります。

また、神経質にこすり洗い洗顔を繰り返してしまうと、お肌は必要以上に強い刺激を受けることになり、特に強い刺激が加わった部分のお肌は黒ずみを起こしやすくなります。

目の周りは皮膚が薄く、とても敏感な部分です。目元ケアは、くれぐれも慎重に行いましょうね。

青グマ

721_2

寝不足や血行不良。ストレスなどが原因となって起こるクマで、見るからに不健康な印象を与えてしまうという特徴を持っています。

このクマが現れたら、とにかく十分な睡眠時間を確保して下さい。成人では、1日6時間以上の睡眠時間が必要です。

また、身体全体に血行不良が起こると、当然目の周りも血行不良を起こし、青グマが現れてきます。

普段から冷え症やむくみの症状のある方は、適度な運動と目の周りのマッサージを行い、血行不良を改善するよう努めましょう。

黒グマ

721_3

加齢により、目の下の皮膚がたるむことによって起こるクマです。

このクマが現れると一気に老けこんだ印象になりますので、まずはご自身で行えるケアを行ってみましょう。

このクマに対するベストなケア方法は、とにかく表情筋を鍛え、頬のたるみを解消するということです。

表情筋を鍛えると聞いてしまうとなんだか大変なエクササイズが必要であるかのように思えますが、大げさに考える必要はありません。

1日数回、「アイウエオ」と口を大きく開けて発音してみて下さい。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、これは頬の筋肉に刺激を与え、鍛えることのできる優れたエクササイズです。

騙されたと思って、1日数回行ってみて下さい。早ければ1週間程度で効果が現れ始めますよ。

隠すより正しいケアを行いましょう

ある程度のクマであれば、コンシーラーなどで簡単に隠すことができます。

ですが、それは根本的な解決策ではありませんし、それでクマが改善されることはありません。

顔とは一生付き合って行かなければなりませんので、小手先のメイクアップテクニックに頼ることなく、根本的な原因を見つけ出し、それぞれに合ったケアを行ってみてはいかがでしょうか。

 

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング