風邪にひく人とひかない人の違い!それは免疫力にあり!

そろそろ暖かくなる時期ですが、まだまだインフルエンザの猛威は続いているみたい。
空咳が続く風邪も流行しているようで、体調には十分気をつけたい所。

でも、インフルエンザや、風邪の人の近くに居ても全ての人がうつるわけではありませんよね!?
風邪にかかる人とかからない人の違いは、どうやら免疫力が関係しているようですよ!

人間の備わっている免疫ってなんだろう?

免疫力とは「外から入ってきた、体に悪いものを退治して健康を保つ力」の事。
人の体は、60億もの細胞からできているのですが、その細胞1つ1つに「これは私の体の一部である」と認識できる機能が付いているんです。
自分の体の仲に、「自分自身の細胞ではない何か(外敵)が入ってきた」と感じる事でこれを排除する働きが生まれます。
この戦う機能が「免疫」です。

人間の体は、免疫に常に守られています。
部屋の中でも沢山のウイルスや病気の元がウヨウヨと浮いていますが、この免疫があるおかげで体に症状が出ることなく元気で過ごせているんですよ!
この免疫力が落ちてしまえば、戦う力が減り病気にかかりやすくなったり、風邪やインフルエンザに体を支配されてしまう事だってあります。

免疫力が高い人は、ウイルスに負けない体を持っていますので、風邪や、インフルエンザの人が近くに居ても跳ね除けてしまえるワケです。

免疫力が落ちてしまうのはどんな時?

免疫力が落ちてしまう原因は複数あります。

  1. 加齢に伴うもの
  2. 不規則な生活習慣
  3. 過度なストレス
  4. 運動不足
  5. 喫煙、飲酒
  6. 遺伝的なもの

特に、不規則な生活習慣をしている人は免疫力が落ちやすい人です。
1~6の項目を見てもらってもお解かりいただけるように、体にストレスを与えることで免疫力が落ちやすくなります。

昔は、免疫力が低下するのは、ある程度年齢を重ねた老人ばかりでした。でも、24時間社会と言われる現代では、若い人の免疫力低下が著しいと言われています。(現代型免疫低下)

生活するにあたり沢山のストレスが体にかかることが原因です。
免疫力を高めるためにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょう。

免疫力を高めるために貴女ができること

●体を冷やさない事

体温と免疫力は密接な関わりがあります。
自分の平均的な体温(平熱)から1度体温が下がると、免疫力は30パーセントもダウンしてしまう事がわかっています。
逆に1度あげると6倍近くUPできるんです。
それほど、免疫力と体温は近しい関係にあるんですね。

自分の平熱が大体何度かを知る事からまずはじめなければなりません。
1週間朝起きたときの体温を測り、それを数値化して1週間分足して7で割ります。そうすれば平均的な体温が出てくるはずですね!

女性は低体温の人が多いですが、体を冷やさず暖める努力をすることで免疫力を上げ、ウイルスに負けない自分を作り上げて行きましょう。

●ストレスをためない生活をする

ストレスをためないと聞くと、殆どの方が精神的ストレスを想像すると思います。もちろん、精神的なストレスをためない事も大切です。

しかし、体は心の疲れ意外にも、色々なところでストレスを感じているんですよ!
例えば、血流の悪さです。
運動不足や、冷えなどで血流が悪くなると体はストレスを感じます。

タバコやお酒も体に負担をかけるものなので避ける方が良いでしょう。寝不足も体にとって大きなストレスになります。
規則正しい生活を心がけて、体を優しくいたわることが免疫力UPにつながるのです。

●腸内環境を整える

免疫力を高めるためには、食事はとても大切です。バランスの良い食事を心がけることで、免疫力はおのずと上がって行きます。

また、腸内環境を整えることで免疫力UPができるという事がわかっています。規則正しい食生活にすれば、腸内環境は整ってきます。

しかし、忙しくて食生活を変えられないという人もいるはず。
そんな人は、食物繊維の入っている食べ物や、ヨーグルトなどの良い菌が入っているものをお腹に入れて腸内環境を整えるのも1つの方法です。

辛い風邪や春先インフルに負けない強い体を作るためにも、自分の細胞の免疫力をUPさせて行きましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング