プロボクサーの減量法!餃子ダイエットのレシピと効果とは?

ウソのような本当の話!最近、餃子ダイエットが熱いって知っていましたか?

減量に精を出すプロボクサーも取り入れているダイエット法で、確実に効果が出るとの事。
効果が大きいなら餃子ダイエットやってみたいなと思う女性もきっと多いはずです。

確実に痩せられる餃子ダイエットのやり方とは?

餃子ダイエットのやり方はいたって簡単!
一週間、朝はバナナ1本、夜は餃子を食べるだけ。昼間は何を食べても良いという制限があまり無いダイエットです。
○○ダイエットというものは、大抵食べ方や食べる時間、朝、昼の食事量を減らしたり、食べなかったりという物が多いですよね。

でも、餃子ダイエットは昼はなんでも食べられるのでストレスなく続けられるのが利点です。

<餃子ダイエットのやり方>

朝ご飯:バナナ一本

昼ごはん:好きなものを

夜ごはん:餃子300グラム(大体15個程度)

この餃子ダイエットのコツは、夜の餃子の量を300グラムにするということ。
餃子は油を使ったり、お肉が入っていたりするので好きなだけ食べてしまえば、カロリーオーバーで太ってしまいます。

300グラムという重さは、便通を促す最適な量。この量をしっかり守る事で、確実に体重を減らせるダイエットを実現できます。

太りそうな餃子‥でも痩せる理由がある

  • アスリートの食事に似ている栄養価

実は、餃子というのはバランスが取れているすごい食事なんです。
餃子の中身には、キャベツやニラ、にんにく、肉などが含まれ、皮は炭水化物なので必要な糖質も取れます。糖質制限ダイエットをすると、リバウンドが大きく痩せても直ぐに戻ってしまう人も多いです。

でも餃子ダイエットなら栄養価が高くバランスも取れているので、痩せてもリバウンドしにくい体を作り上げる事が出来るんですよ!
餃子の中身と皮の配合って、たんぱく質中心のアスリートが摂っている食事とほぼ同じような栄養バランスの配合なのだとか。

  • ボクサーの減量にも使われている

冒頭でもお話しましたが、餃子ダイエットはボクサーも取り入れているダイエット法です。
そもそも、餃子ダイエットを発明したのが、ピューマ渡久地ボクシングジム会長の渡久地聡美さんなんです!

餃子の中身は、細かく刻んであるので消化もよく、体への栄養吸収も良いのも利点のようですよ!

  • 代謝があがる

餃子には、にんにくやしょうが、ニラなどが含まれています。にんにくやしょうが、ニラには血液をサラサラにする効果があるので、むくみの改善や、冷え性の改善などにも役立ちます。

また、ラー油などでカプサイシンを合わせて摂れば、相乗効果でより代謝をUPさせることができるんですよ!

にんにくの成分と餃子の豚肉が合わさると、アリチアミンという疲労回復物質も出るので体の疲れも和らぎます。

自分で餃子を作ればカロリーをより抑えることが出来る

餃子を自分で作る事で、カロリーを控えることが出来ますよ!
餃子の中身のレシピの基本は次の通り。

<餃子の中身の材料>
キャベツ1/4個
豚挽き肉150gぐらい
ニラ1束
ニンニク1カケ
味の素少々
塩小さじ1/2
コショー少々
砂糖小さじ1
醤油大さじ1
ごま油大さじ1

キャベツ、ニラ、にんにく(チューブでもOK)はみじん切りに。
全ての材料をボールに入れて、よく混ぜます。これで大体50個分の餃子が出来ます。

餃子ダイエットをより効果的にしたいのなら、肉の量を半分に減らして、キャベツの量を1/4から1/3くらいに増やし、卵を入れてつなぎにするというやり方をとっても良いかも。

餃子は栄養がしっかりとれるバランスフード

いかがでしたか?
餃子って太るとばかり思っていましたが、栄養がしっかりとれるバランスフードだったんですね!

2週間で5キロ痩せたなんて人も実際にいて本格的なダイエットにも強力な味方になってくれそうです。気になる方は、1週間餃子チャレンジ始めてみませんか?

[ ダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング