見た目が変わる!ヨガは体重減少効果よりも外見が痩せる

これまでいろいろな運動をしてみたけど、どうしても痩せない。
そういう人に試してほしいのが、ヨガです。
ヨガですぐ体重が落ちる効果はないでしょうが、気がつくと体形がスリムになっていくのが不思議な効能です。

骨格と筋肉が正しい位置に修正される

なぜヨガでスリムになっていくのか。
それはヨガが体と心、呼吸の調和をとることによって、姿勢と動作を修正していくからです。

人はそれぞれ動き方や姿勢にくせがあり、長期間おなじくせを続けることによって、体にゆがみが出てきます。
体のゆがみが姿勢を悪くして、あちこちに無駄なぜい肉をつけていきます。

ということは、全身のゆがみがなくなれば、自然と体形がよくなるわけです。
こういった体のくせは、自分で分かっていてもなかなか修正することができません。
意識的に直していかなければ、なくならないものです。

ヨガは体のバランスをとりつつ動くことによって、集中的に体のくせを直し、無駄なぜい肉をとっていくのです。

血流が良くなる

ヨガといえば、呼吸に注意しながら独特なポーズをとるインドの体操というのが一般的なイメージですね。
全身を使ってポーズをとるため、比較的大きな筋肉を伸ばしやすいのが特徴です。
日常生活であまり使わない大きな筋肉を使うことで、全身の血行がよくなり、冷えやむくみも改善します。

最近では夏でも冷えを感じている人が多いので、これはうれしい効果ですね。
血流が良くなることで、肩こりも改善します。

ヨガを始めてしばらくすると、体が軽くなったと感じたり、長い間悩んでいた腰痛が軽くなったように感じたりするのは、とどこおっていた血流が順調に流れ始めているからです。

内臓も活性化

もうひとつうれしい効果が、内臓の活性化です。内臓は骨格という枠の中に柔らかい臓器が詰まっているようなもの。
ですから骨格にゆがみが出れば、内臓もそれに引きずられてあるべき位置でない場所に無理におさまっていることがあります。

骨格を正しい位置に戻すことによって、内臓も一緒に戻ります。
ヨガが慢性的な胃腸の不調に効果があったり、便秘に効果があったりするのはそのせいです。女性の場合はヨガで子宮の位置が正しくなることにより、強い生理痛が改善するケースが見られます。

体重は変わらなくても見ためが違う

よく、ヨガをやると代謝が上がるので痩せるといわれます。これは間違っているわけではありませんが、代謝アップだけでは体重はなかなか減りません。

ヨガを続けて痩せていく理由は、姿勢がよくなり、全身の健康状態が良くなってくるからという点もあります。

さらに骨も内臓も本来の位置に戻り、自律神経も整ってくるので、むくみも軽くなります。
そこで体重からみると前とそんなに変わっていないが、見た目がスリムにかわるのです。
これは、ヨガを続けるうえで大きな魅力ですね。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング