知っておきたい脱毛基礎知識!光脱毛の効果は?

夏の女性にとって大敵となる“ムダ毛”。
生足を強調したミニスタイルやノースリーブなど、夏ならではのオシャレを楽しみたいのに、ムダ毛が気になって思いっきりオシャレを楽しめない、そんな経験ありませんか。

そこで気になるのは“脱毛”ですよね。
脱毛は、今では身近なサロンや専門のクリニックなどで比較的気軽に受けられる施術の一つです。
施術にかかる費用もひと昔前に比べると、お手頃になり、学生でも気軽に受けることのできるリーズナブルなコースも増えました。

サロンで受けられる施術では、“フラッシュ(光)脱毛”を主流メニューとしているサロンがほとんどです。しかし、フラッシュ脱毛って響きだけ聞くとなんだか痛そう・・・そんな感想を持つ人も多いのではないでしょうか?

ここではそんなフラッシュ脱毛の特徴やメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

光脱毛の歴史

日本における脱毛の歴史は意外と古く、平安時代にさかのぼります。
貴族の女性などを中心として額の形を整え美しく見せることを目的とした“毛を抜いて足りないところを書き足す”という脱毛方法が一部の女性の間ではすでに確立されていたようです。

その後も世界中で脱毛に対する関心は高まりを見せ、1916年アメリカの医師が電気分解による脱毛を可能とし、以降様々な研究や臨床実験が重ねられ、現代の安心で効果の高い脱毛技術が確立されました。

日本で脱毛が一般的に浸透してきたとされるのは、1970年代から1980年代ごろ。
そのころになると、日本国内でも脱毛技術や脱毛機器の生産や開発が行われるようになり、2000年代に入るとフラッシュによる光脱毛が開発され急速に浸透。

光脱毛はその後も光の種類や使用される機器などに様々な改良が加えられ、日本人の肌質や毛質に合わせた幅広い施術が受けられるようになりました。

光脱毛(フラッシュ脱毛)の基礎知識

現在のエステサロンにおける美容脱毛で主流となっているのはこの光脱毛です。

光脱毛はフラッシュ脱毛とも言われるようにカメラのフラッシュ(ストロボ)のような光を当てることで発毛の原因となる毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えていく脱毛方法です。
光を脱毛したい部分に充てると、ムダ毛の生えている黒い部分に反応して毛乳頭にダメージを与え発毛作用を抑制します。

つまり、毛そのものをなくすのではなく発毛効果を弱くすることでムダ毛を目立たなくすることが目的です。

効果の現れ方は人それぞれですが、平均して3~5回前後の施術で効果を実感し、10回を超えるころにはほとんどの人が効果に満足しているようです。
平均施術期間は、半年~1年です。
フラッシュの光は黒色に反応するので、太くて黒い毛質の脱毛に適した施術です。

また、同じ光脱毛とされていても、サロンやクリニックによって使用されている光やマシンの種類は異なります。

光脱毛の【メリット】

光脱毛は、肌への負担が比較的軽く痛みが少ないのが特徴です。
また、一度に広範囲の脱毛が可能で比較的リーズナブルに行うことができます。

サロンによっては、美容効果の高いジェルの使用や美肌効果を高めるアフターケアを同時に行っているところも多く、美肌効果にも期待できる施術です。

光脱毛の【デメリット】

毛根組織を破壊してしまうわけではないので、効果の現れ方は比較的ゆっくりで長期的な施術が必要となる場合があります。

また、黒色の色素に反応してしまうため、ほくろのある場所や日焼けした肌への施術ができないことや、産毛のような色素の薄い毛は綺麗に脱毛できない、などのデメリットがあります。

このようにメリット・デメリットどちらも考えられますが、疑問や不安は自分が納得できるまでエステティシャンやカウンセラーに相談することが一番大切です。
光脱毛を行うサロンはたくさんありますが、施術価格だけに左右されず、口コミやレビューなどをしっかりとリサーチし信頼できるサロンを見つけましょう。

[ 脱毛・ムダ毛ケア ] 記事一覧

脱毛マニアがサロンやクリニックの口コミを徹底比較! おすすめランキングですぐにみつかる

総合 - アクセスランキング