イオン導入器で贅沢ホームケア始めよう!

677_mv

今、人気のホームエステと言ったらやっぱり“イオン導入器”ではないでしょうか?

いろいろなメーカーから沢山の製品が販売されている注目の美顔器です。

しかし、イオン導入器って言葉だけ聞いても (なんだか難しそう) (ほんとに効果がある?)なんてなかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか。

そこで、お家で好きな時間にワンランク上のホームケアがいつでも行えるイオン導入器の基礎知識やメリットやデメリットについてお話したいと思います。

そもそも“イオン”って何?

まず、【イオンとかマイナスイオンとかいったい何?】って方も多いと思います。

まずイオンとは、水に溶けると電気を通す電荷をおびた物質の事をいいます。

通常、私たちの肌の表面を覆う角質は陽イオン(プラスイオン)を帯びて酸性に傾いています。

しかしそのすぐ下に存在している顆粒層という層は負イオン(マイナスイオン)を帯びアルカリ性で保たれているのです。

イオンの性質上プラスとマイナスは反発しあうので肌の表面と顆粒層の間にはお互いが反発しあってできる電気の膜が存在しています。

そしてこの電気の膜のおかげで美容成分の浸透が妨げられ、いくらスキンケアを頑張ってもなかなか肌の深部まで成分を届けることはできないのです。

そこでイオン導入器が大活躍!

そこで、イオン導入器の出番です。

イオン導入器によって肌の表面に微弱な電流を流すことで、肌表面と顆粒層がどちらも中性に傾むき、酸性とアルカリ性の反発によって存在していた電気の膜が力を弱めます。

電気の膜の働きが弱まることで有効成分をぐんぐん肌の深部まで浸透させることができるのです。

また、イオン導入器ではビタミンC誘導体にマイナスイオンを流しながら肌へ浸透させると反発の力によって肌の奥まで押し込まれていき肌の奥まで成分がしっかりと届けられます。

その効果は、普通にハンドプレスやコットンでビタミンC誘導体を肌へ浸透させた場合と比べて100倍もの浸透力があるという研究結果もあるほどです。

イオン導入器は痛い?ケアの方法は?

「お肌に電気を流す」ときくとなんだか痛いようなイメージを持つかもしれませんがイオン導入器から流れる電流は非常に微弱なため痛みを感じることはほとんどありません。

使用方法も、意外に簡単でほとんどのイオン導入器は本体の電源を入れ、お好みのメニューを選択し肌の上をやさしく滑らせていくだけ。簡単ですね。

時間も短時間でOKですし、片手で扱えるコンパクトな本体の美顔器がほとんどなので好きな時に好きな場所でケアができます。

しかし、イオン導入器にもたくさんの種類があり、対応しているメニューや使用が異なっていたり中にはあまり性能のよくないものも販売されています。

購入の際には、口コミのチェックや商品情報の詳細を調べることが大切です。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング