水道代は年1万円以上節約できる!?トイレ・お風呂・キッチンの節水法

 

毎月の水道代、どれくらいかかっていますか?
一人暮らしか家族で暮らしているか、地域や職業によってもさまざまですが、いつも誰かが自宅にいる家庭では月数千円~1万円強ほど支払っている場合も少なくありません。
それに、環境問題に敏感になっている現在の世の中では、必要以上に水を使いすぎるのも気持ちのいいものではないですよね。

いつもの習慣を少し変えて、ちょっとの手間をかけることで、使う水の量を大幅に減らすことができます。
家庭によっては、節約できる金額が年間で1万円以上になることも少なくないようです。水を大切に使って、地球にもお財布にも優しいエコな生活を目指してみませんか?

意外と水を使うのはトイレ!

自宅で水を使うシーンの中でも、トイレで1番水を使っている、という家庭も少なくありません。
製品にもよりますが、トイレでは一度に8~10リットルの水を流しているのだそうです。

トイレの節水方法として、以前は、タンクにペットボトルを入れるなどの節約法が話題になりましたが、詰まりや故障につながることもあるので今ではあまり推奨されていません。

トイレの水を減らすためにできることは大きく2つ、レバーの使い分けと、古いものは思い切って買い替えてしまうことです。

・大レバーと小レバーを使い分ける

大と小では流れる水の量が異なるので、用途に合わせて使い分けるようにします。従来のタイプでは1.5倍、節水トイレでも2リットルほども差があるようです。

この方法は、家族が多くてトイレを使う回数が多い家庭ほど、大きく水道代を節約できる可能性がありますので、同居する方全員で意識してみるといいでしょう。

だからといって、大のときに小レバーで流すのは危険です。小のときは小レバー、大のときは大レバーを使って賢く節水しましょう。

・新しいものに取り換える

長い間同じ型のトイレを使っている場合は、新型の節水タイプのトイレに買い替えれば、水の量が今より半分になることもあります。
家族が多い分だけトイレを使う回数も増えるので、買い替えることで節水も大きくなります。
ぜひ検討してみてくださいね。

シャワー時間は短く、お風呂の残り湯も大切に!

お風呂の水を減らすことは、水道代とガス代両方の節約となりますので、ぜひ力を入れたいところですよね。
こちらも家族が多く、お風呂を使う回数が多い家庭ほど、大きな節約効果が期待できます。

基本的にはシャワーをこまめに止めることと、お風呂に入るなら浴槽のお湯も活用することが大切です。

・シャワーだけで済ますか

シャワーで済ますか、浴槽にお湯を張るか、どちらが節水になるかは悩みどころですよね。

そこで、目安になるのがシャワーを約15分出し続けると、1回浴槽にお湯をためたのと同程度の量になるということ。1人暮らしであれば15分以内にシャワーを済ます、家族と同居している場合はお風呂にお湯を溜めると節水になるでしょう。

・節水シャワーヘッド

節水タイプのシャワーヘッドに付け替えるのも有効です。シャワーの水圧を気にする方は、節水のシャワーヘッドは水圧も弱くなりそうと思うかもしれませんが、実際には水圧が強くなります。

1度ヘッドを変えてしまえば、特に意識しない内に節水ができるので、簡単な方法だと言えますね。

・残り湯も活用する

当然ながら、浴槽にお湯を溜めた場合はその水も上手に活用しましょう。

代表的なのは洗濯に使う方法ですが、他にもお風呂掃除にそのまま利用したり、それ以外の掃除にも使うことができます。
毛布やシーツなど大物の洗濯物を、浴槽でそのまま洗うという方法もおすすめです。
1度バケツに溜めておく習慣をつけると、さまざまな使い道を探すことができそうです。

水を流しっぱなしの洗い物から卒業しよう!

続いて見直したいのが、キッチンでの洗い物です。
なんと、水やお湯を出したままの洗い物は5分間で60リットルにも及ぶのだそうです。
ついつい蛇口をひねったまま洗い物をしてしまうのもわかるのですが、これはNG。
水の量をできるだけ少なくできる洗い物のコツを紹介します。

・洗剤の量は少なくする

汚れを落とすためにどんどん洗剤を使いたくなりますが、洗剤を使うとその分すすぎの水が必要になります。
水だけで落ちるものなら洗剤を使わず、スポンジだけで落とします。
アクリルたわしを活用すると、無理なく汚れを落としやすくなるのでおすすめです。

・洗い桶を使って漬け置きする

水を流しっぱなしにしないためには、洗い桶を活用してまとめて洗うようにしましょう。
洗い桶に水をためて、汚れた食器を浸け置きしておけば汚れを落としやすくなります。その分水の量も、洗剤の量も減らすことができます。

・お米のとぎ汁や、ゆで汁も再利用する

一度出した水、使った水をそのまま排水にせず、もう1度使えば節水になりますね。

例えばお米のとぎ汁や、麺や野菜のゆで汁なんかはバケツや洗い桶に溜めて、食器洗いの際に使いましょう。手を洗う際に出した水も、そのまま洗い桶に溜めておくのも良いですね。

・食器の汚れを拭いてから洗う

油やソースなどの汚れは、そのままでは水や洗剤を多く必要としてしまいます。

そのため、食べ残しや汚れが多いものは一度拭き取っておくことで、簡単に洗いやすくなります。
古布や新聞紙、使い古しのキッチンペーパーなどを溜めておいて拭き取るのに使います。もしくは、ゴムベラなどでこそげ落としてから洗っても良いでしょう。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング