年齢肌対策にはエステと美顔器どっちがいい?

[更新]  /  [公開] 2015年3月30日

663_mv

キレイで美しいお肌を保つためには毎日の丁寧なスキンケアは常識ですよね。

しかし・・・年齢を重ねるたびに不安定になってくる肌コンディションや肌トラブルには毎日のスキンケアだけでは不十分な場合も。

年齢肌を進行させないためには、毎日のスキンケアに加え自分お肌の状態や悩みに合わせた”フェイシャルエステ”や“美顔器でのホームケア”をプラスする必要があるのです。

しかし、エステと美顔器って“どちらが効果あるの?“どっちが得?”そんな疑問を持つ人も少なくないと思います。

「エステ」「美顔器」どちらにも、メリットがデメリットがありそれを踏まえて上で自分おライフスタイルに合わせたケアを選ぶことが大切です。

エステに定期的に通う場合

【メリット】

エステのメリットは何と言ってもプロの手によってその時の肌状態に合わせたケアをしてもらえることです。

また、カウンセリングによって自分ではなかなか気づかない肌のトラブルやホームケアの悩みなども気軽に相談できる点もエステのメリットではないでしょうか?

また、コースやケアの内容が選べる点や即効性が現れやすいので短期集中ケアが可能です。

【デメリット】

一番のデメリットはやはりコストパフォーマンスではないでしょうか?エステは効果が表れやすい反面、効果を維持するためにはある程度続けて通う必要があります。

つまり定期的にエステ代がかかることになりますよね。

また、エステサロンに通う時間が絶対に必要だということ。

たとえば、仕事が忙しく毎日帰宅が遅い人や小さな子供がいるママなどあまり自分お時間を持てない女性にとっては続けて通うことが一番のデメリットになる場合もあります。

そして、エステによってはコースなどを進める激しい勧誘に合う場合も。

美顔器でホームケア

【メリット】

美顔器の場合、やはりサロンのように通う手間がかからないので自宅で好きな時にゆっくりホームケアができます。

また、美顔器は自分の肌の悩みに合わせて予算や使う場所、使い方を考慮したうえで自分に必要なものを選ぶことができるのもメリットではないでしょうか。

毎月一定の料金がかかるエステに比べると、美顔器の本体を一度購入してしまうと頻繁に買い替えることはないのでコスト面でも安心です。

【デメリット】

美顔器の場合、電話によるカウンセリングなどを受け付けているメーカーはありますが、エステのようにプロのエステティシャンによる的確なアドバイスやケアなどを受けることはできません。

また、効果が表れるのは比較的ゆっくりなので日常的に継続したケアが必要です。

美顔器の種類によっては専用のアイテムが必要になるため一定のランニングコストがかかることもあります。


このように、「エステ」「美顔器」どちらにもメリットとデメリットが存在します。

自分のライフスタイルや肌の状態に合わせて無理なく継続できる方法でいつまでも美しい肌を維持しましょう。

 

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング