新発想!5週間やりくりで自然に貯金できる家計簿のつけ方

お給料は基本的には月1回の振込みで、家賃やローン、光熱費などの支払いも月1回のペースが基本です。
それに合わせて、お金のやりくりは1ヶ月4週間単位で考えるのが自然ですよね。

でも、そうではなくて、食費や消耗品費などの、月単位の支払いとは関係ない項目のものは、“5週間単位”でやりくりするだけで、自然と貯金額を増やすことができるんです。

どうして5週間単位にするの?

家賃や光熱費、保険料、食費に被服費など、多くの方は項目に関わらず、予算を毎月の金額で決めて、そこから週毎の予算に落として設定していると思います。

ですが、3月は31日まであるけれど4月は30日だけなど、1ヶ月の日数は月によって違いますよね。
すると、1ヶ月を4週間とみても、前後に数日余ってしまうはずです。

最初の週は日割りにすると予算を多くとりすぎてしまったり、最後の週には予算が足りなかったりするのではないでしょうか。

また、月曜はじめとか日曜はじめなど、曜日で週の予算をリセットするはずですが、月はじめである1日の曜日もそれぞれです。
何となくカレンダー通りに予算を決めてしまっていると、上手なやりくりがしにくくなってしまう項目もあるのです。

そこで登場した考え方が、とにかく1週間毎に予算を決め、しかもカレンダーにこだわらず1ヶ月を5週間としてやりくりする方法です。

5週間で考えると、1年で2か月分を貯金にできる!

例えば、食費や消耗品費、お小遣いを合わせて月に¥50,000で生活していたとします。
これを1ヶ月4週間と1ヶ月を5週間としてやりくりした場合との、1年間の出費を比較してみましょう。

【毎月(4週)¥50000の予算で設定したとき】
¥50,000×12カ月=¥600,000

【週¥10000の予算で設定したとき】
1ヶ月を5週間とすると、1週間の予算は¥10,000となります。
¥10,000×52週=¥52,0000

この場合、これまでの月予算を5週間でやりくりするだけで、1年で8万円も節約することになりました。

1ヶ月が5週だと、1年間が約10ヶ月間の計算になります。これまで使っていた月予算の2ヶ月分に近い金額を、そのまま貯金にまわすことができるのです。

5週間節約を成功させるポイント

この5週間節約、とっても簡単なのですが、今よりも使うお金が減ることに違いはありません。
成功させるためには、お金の使い方を見直ししないと結局足りなくなって、週予算を増やしてしまうこともあるでしょう。
予算通りにやりくりするためのコツとして、例えば以下のような方法をおすすめします。

・スタートは月曜日に設定するのがおすすめ

週で予算を決める場合は、スタートの曜日は日曜日もしくは月曜日で迷うところでしょう。
でも、土日休みであれば何かと買い物の量が多くなることが多いので、日曜始まりにすると初日に予算を多くつかってしまいやすいです。
その場合は、月曜始まりにしておけば、週末の買い物の際も残り予算で収めやすくなります。

・はじめに、5週分に分けて封筒に入れる

5週間分のお金はいちいち引き出すのではなく、一気に引き出して1週間ごとにお財布に補充しましょう。
その際、それぞれ1週間分ずつ分けて封筒に入れておくと、使いすぎを予防できます。

5週間が終わった頃には、お給料が振り込まれているはずなので、そこから次の1ヶ月分(5週間)を改めて封筒に入れましょう。
もしも、1週間分の予算を使いきらずに余ってしまった場合は、そのまま封筒に戻したり、別途貯金箱に入れておくとそれだけ貯めることができます。

・項目は、食費や消耗品費がおすすめ

5週間節約には、向いている項目と向いていない項目があります。
例えば、毎月必ず支払いがあるものはもちろん不向きです。決まった日に合わせて月毎に管理しましょう。

病院代や冠婚葬祭やプレゼントなど急な出費になるものや、化粧品や服など比較的大きな出費になるものは、週で割るのは難しいこともあります。
そういった場合は、こまかく週で分けずに5週間でひとくくりにして予算をとっておけばOKです。

5週間節約は、少し考え方を変えるだけで貯金額を増やすことができる賢い節約法です。
それに、はじめるのはいつからでも大丈夫。次回のお給料日からでもいいので、ぜひ試してみてくださいね!

[ 節約 ] 記事一覧

カードローンキャッシングの前に|お金を借りる人のためのサイト

総合 - アクセスランキング