ちょっとの工夫で1万円節約!?ガス代を減らすポイント

冬の寒い季節になると、気になってくる光熱費がガス代です。特に、プロパンガスを利用している家庭では、ガス代の高さに頭を抱えてしまうことも多いのではないでしょうか。
ガスを節約するポイントは意外と多く、全て実践すると年間で1万円以上浮かすことができる家庭もあるのだそう。
ぜひ今日から意識してみてくださいね!

給湯器の設定でできるガス代節約術

多くのご家庭でガスを最も多く消費するのが給湯器ではないでしょうか。
冬になると、お湯を使いたいタイミングも増えますし、元々の水温が下がるのでガスの消費量が増えてしまいます。
できるだけ給湯器を使わないようにすること、季節や用途に応じて給湯器の設定を変えることでガス代の節約をしましょう。

・給湯器のスイッチは消す

給湯器のスイッチは、お湯を使うときにだけつけるようにします。
少しだけ手を洗いたいときなど、お湯がでなくてもいいときにガスを使ってしまうのを防ぐことができます。
また、給湯器にも待機電力がかかるので電気代の節約にもつながります。

・用途に合わせて温度を変える

温かいお湯を出すほどガス代がかかりますから、用途に応じて温度も変更しましょう。
お風呂で使うときは40~42℃ほどに設定すると思いますが、そうでないときはもっと低い温度設定にします。
キッチンで使うなら36~38℃ほどあれば充分です。

・ペットボトルでお湯を作っておく

黒く塗ったペットボトルを用意して、水を入れて日当たりの良いところに置いておくだけでお湯ができます。
洗い物や掃除のときなど、少し温かい水を使いたいときにここから使うようにすると、ガスを使う機会が一気に減ります。

お風呂でできるガス代節約術

お湯を最もたくさん使ってしまうのは、お風呂やシャワーですよね。
お風呂で使うお湯の量を減らすことは、ガス代はもちろん水道代の節約にもつながるので、光熱費の節約としてかなり重要なポイントです。

・お風呂は沸かさず溜める!

家庭のお風呂にもよりますが、お湯を出して溜める方法と風呂釜式で沸かすという方法があります。
ただ、風呂釜式でお湯を沸かす方が、お湯を溜めるよりも時間がかかるのでガスの消費量が多くなります。

ということで、お風呂に入る場合は溜めるのがお得。
つまり、追い炊き機能は前日のお湯を使いまわしできるので、節約になっているように思えますが、水道代は節約できてもガス代は多くかかりやすいです。

・ふたをこまめに閉める

お風呂を沸かす回数は少ない方が良いので、できるだけ長い間お湯の温度保つ工夫をしましょう。
まずはお風呂のふたをこまめに閉めることが大切です。
さらに、お風呂の保温シートをプラスして二重にふたをすることで更に効果がアップします。

・シャワーを出す時間を短くする

当然のことですが、シャワーを出す時間をできるだけ短くすることも節約になります。
シャワーの時間を1日1~2分短くするだけで、1年で見ると約2000円もガス代の節約になるのだそうです。
シャワーは出しっぱなしにせずこまめに止め、浴槽に溜めているお湯も活用してくださいね!

・冬はシャワーよりお風呂がお得になるかも?

一人暮らしの場合はお風呂に入るよりシャワーの方がガスの量、水の量共に節約できるイメージがありますよね。
シャワーを17分間出しっぱなしにすると浴槽のお湯を200リットル溜めることができるようですから、シャワーを17分以内で済ませれば節約になると言えます。

ですが、冬の時期はシャワーで温まろうとすると長い時間出しっぱなしにしてしまいやすいので、入浴した方が節約になることもあります。
寒くて体を温めるまで時間がかかりそうと感じる日は、お湯を溜めて入浴した方が結果的に安く済むこともあるでしょう。

キッチンでできるガス代節約術

ガスの出番があるのはお風呂ともう1つ、キッチンです。
ガスコンロを使う際も、少しの工夫で今よりもガスの消費量を抑えることができます。

また、食器や調理器具を洗う際もお湯を使うとガス代がかかるので、できるだけお湯の量を控えたいですよね。
どれも細かいテクニックになりますが、意識して取り組めば年間に数千円の節約も夢じゃありません。

・調理中は蓋を活用する

フライパンや鍋で調理する場合は、蓋を活用して熱を逃がさないようにしましょう。
熱を食材に効率よく伝えることで調理時間を短くできるので、結果的にガス代節約につながります。

・火の強さは、鍋の底からはみ出さない強さ

早く熱を加えたいがために強火にして使うことも多いと思いますが、ガスの火が鍋からはみ出ているとその分はムダになってしまいます。
基本的には火の強さは中火にして、鍋やフライパンからはみ出ないよう調節しましょう。
もしくは鍋は大きめのものを使った方が効率がよくなります。

・火を消さずに続けて調理する

ガスコンロでは、火をつけるときが一番ガスを消費します。そのため、火をつける回数をできるだけ減らすことでガス代の節約につながります。
調理に使う鍋やフライパン、具材は事前に準備しておいて、火を消さずに続けて調理を続けましょう。

・食材は解凍、レンジで下茹でしてから調理をはじめる

凍ったままのものを調理したり、下茹でのためにお鍋でお湯を沸かすと、それだけガスを使う時間が長くなります。
冷凍のものを使うなら室温に戻しておくこと、下茹でには電子レンジを活用しましょう。
電子レンジを使って下茹でしておけば、調理時間も短くなるので節約にも時短にもなります。

・節約できる調理法は「炒め物」!

調理方法によってもガスの消費量が変わります。
揚げ物>煮物>蒸し料理>炒め物の順で、より長い時間ガスを使うことになるのでガス代が高いです。
水を使わずに調理できる炒め物が、最もガス代の節約になるので、覚えておくといいでしょう。

・洗い物はゴム手袋をはいてまとめて洗う

洗い物は、まとめて洗う方がガスを使う回数を減らせるので節約になります。
洗いおけに水を張って浸けておけば、汚れ落ちも良いので洗い物の時間を短縮できますね。
また、ゴム手袋を使って洗い物をすれば、お湯を出さなくても無理なく洗うことができます。
手荒れの予防にもなるのでおすすめです。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング