キャベツダイエットをおさらい!痩せれる理由と食べ方

[更新]  /  [公開] 2016年1月26日

キャベツダイエット!一時、超話題になりましたよね・・・。

最近は、キャベツの価格も安定していますが、気合を入れてキャベツダイエットをしていた人も、夏場に葉物野菜が高騰した時期に止めてしまったなんて人も多いはず。

今、キャベツが安い時期にもう一度キャベツダイエットで大幅な体重減少を目指してみませんか?

キャベツで痩せられる理由

キャベツを食べる事で痩せられる大きな理由は「満腹中枢の刺激」です。
ダイエット中はどうしても食べたい気持ちとの我慢比べみたいな所がありますね。

キャベツを食べる事であごを動かし何度も噛む事で満腹中枢が刺激され、食事の量を減らす事ができるのが最大の利点。

キャベツは丸ごと1個食べても230キロカロリーとかなりのローカロリーっぷり。これなら食べても安心してお腹を膨らませられますね。

ダイエットをする時のキャベツの食べ方は

ダイエット目的でキャベツを食べる時は、食前に食べるのがお勧めです。その後の食事の量を抑えるのが目的なので、食前に食べないと意味がありません。

食前にキャベツを食べる事で、キャベツの食物繊維が胃にたまり、その後の食事での血糖値上昇を抑え太りにくくしてくれるのも食前に食べたい理由の1つです。

食べる量は大玉キャベツ8分の1程度が適量。

1日3回の食事全ての前にキャベツを食べる

1日3回の食事全ての前にキャベツを食べるのがキャベツダイエットの基本的やり方。お弁当を持って会社に行く人も、もう1つキャベツ用のお弁当を持参して行きましょう。

キャベツは、出来るだけ生で食べるのがキャベツダイエットを成功させるコツ!

噛む回数や量の多さを目で見るというのが、脳の食べたい気持ちを抑えるのに役立つんですって。

キャベツに入っている栄養素は?

キャベツたった4枚で、1日に必要なビタミンCを摂取できるって知っていましたか?ダイエットだけではなく、お肌や健康にも大切なビタミンC。

でも、ビタミンCは必要以上の物が体に入ると、尿や老廃物として外に出されてしまいます。
いつも体にビタミンCがある状態にするためにも、1日3回小分けにしてキャベツを食べるのが良い方法です。

この他にも、骨を丈夫にするビタミンK、エネルギー代謝を助けるカリウム、老廃物を出しやすくする食物繊維、骨を作るカルシウム、胃の粘膜を守るビタミンUという珍しい成分も入っています。

キャベツダイエットを失敗した人へ

キャベツダイエットをやっても成果が出なくて止めちゃったという人も多いと思います。

実は、それやり方が間違っているから痩せなかったんです。

キャベツダイエットで失敗した人というのは、キャベツを食べれば痩せると間違った認識でキャベツダイエットを始めた人。ダイエットは、必要な栄養素が体にあって始めて脂肪が燃焼されるもの。キャベツだけを兎に角食べまくれば痩せるって物じゃないんです。

食前に8分の1玉をゆっくりかんで食べ、その後の食事は和食を中心とした体に優しい料理を取るようにすると栄養のバランスが整いやせやすくなりますよ。

今回は、少し前に流行ったキャベツダイエットのおさらいをしていきました。

キャベツで痩せれた人も、この前はちょっと失敗しちゃったという人も、再びキャベツの力を借りて綺麗に変身してみませんか!?

キャベツは色々な味の変化を楽しめる野菜です。オリーブオイルと塩、ごま油、手作りドレッシング、レモンと醤油、色々な自分だけの付けダレで楽しんでみてくださいね!

[ ダイエット食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング