脳のマッサージ「シロダーラ」 – インド伝統医学「アーユルヴェーダエステ」とは

近年日本国内でも、様々な国の伝統的なエステやマッサージを受けることができるサロンが増えてきました。

中でも、じわじわと増えてきているのが“アーユルヴェーダ”を基本理念としシロダーラを主なメニューとしているエステサロンです。

アーユルヴェーダ・・・あまり聞きなじみのない言葉ですがその歴史はとても古く5000年以上前から語り継がれているといわれているインド伝統医学です。アーユルヴェーダの治療理念は、部分的な治療ではなく心身全体にアプローチしながら身体におけるすべてのコンディションを高めることです。

アーユルヴェーダにおいて、人間の体はドーシャといわれる基本エネルギーによって構成されていると考えられています。

ドーシャとは?

ドーシャは

  • ヴァータ・・・運動のエネルギー
  • ピッタ・・・熱のエネルギー
  • カパ・・・安定性のエネルギー

という人間が生きていくうえで必要な3つの基本となる生命エネルギーを指します。

この3つの生命エネルギーがバランスを取り合うことで私たちは健康な生活を送ることができると考えられていて、何らかの原因でこのドーシャのバランスが崩れると体中に痛みや不快感が現れるなど様々な不調が現れます。

そこで、乱れてしまったドーシャのバランスをリセットし心身のバランスを正常に戻すた
めに行われているのがアーユルヴェーダです。

アーユルヴェーダの基本はシロダーラ

アーユルヴェーダエステは“シロダーラ”が施術の中心となります。シロダーラはサンスクリット語で頭を意味する“シロ”と垂らすを意味する“ダラ”が由来となる言葉です。

その名のとおり、シロダーラは額の中で一番敏感な部分にプロによって適量、適温に保たれたオイルやミルクを静かに垂らす施術方法です。

額はインドにおいて第3の目があると考えられているとても神聖で敏感な場所です。

額に刺激を与えることで脳に心地よい刺激を与え中枢神経をリラックスモードにすることで、一種の瞑想状態をもたらし精神的な不安や筋肉の緊張を優しくほぐします。精神的、身体的なストレスから解消されると身体の各機能が向上するためデトックス効果も期待されています。

シロダーラは“脳のマッサージや脳のエステ”といわれることもあるアーユルヴェーダ独自の施術です。

使用されるオイル

シロダーラに使用されるオイルは、基本的には施術を受ける人の状態や悩みに合わせて配合されます。

バースオイルとしてよく使用されているオイルは、胡麻油、ヒマワリ油、ココナッツオイルなどの天然素材から抽出されたオイルが基本です。

そこに、症状によってナチュラルハーブや生薬から抽出された成分が配合されます。

また、シロダーラの中にはオイルだけではなく牛の新鮮なミルクをベースにして行うミルクダーラなどもあります。

こんな人にオススメ

シロダーラは以下のような人に効果が期待されるとしています。

心のトラブル

  • 身体に異常はないのに不調を感じる
  • 気分が落ち込んでしまうことがよくある
  • 寝つきや寝起きが悪くなった
  • 不眠症
  • たくさんの悩みがある
  • 毎日何らかのストレスを受けている

身体のトラブル

  • 体中のコリ
  • 慢性的に頭痛が続く
  • 脱毛症状が気になる
  • 白髪が多い
  • パソコン仕事がつらい
  • 拒食や過食

などの症状を感じている人におすすめです。

シロダーラを受けた後の注意

脳を刺激することで一種の昏睡状態になる可能性が高い施術です。施術終了後も頭がぼーっとするような感覚がしばらく続くという人も多いようです。施術後は車や自転車の運転を控え、頭を使うような作業や仕事、長時間のPCやスマホゲームなどはやめておきましょう。

また、たくさんのオイルが体にしみこむことでだるさを感じることがあります。
無理をせず、心も体もゆっくりと休めましょう。

他にも、好転反応として発疹がでることもあるようなので、その場合はしばらく様子を見て心配ならば施術を受けたサロンに連絡をするか専門医の診察を受けるようにしましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング