フラフープで冷え性改善 -腰をつかう有酸素運動、コスパも◎

[更新]  /  [公開] 2016年1月16日

photo credit: flickr
photo credit: flickr

冬になると体が冷え切ってつらい。そんな人におすすめのエクササイズがフラフープです。あの大きめの輪を腰でぐるぐる回すフラフープ。

なんだ、子供のおもちゃじゃないかといわないでください。フラフープは、もともとアメリカのエクササイズ用グッズなのです。冷え性にも効果がありそうですよね。

腰をつかう有酸素運動

photo credit: Shell Bell
photo credit: Shell Bell

フラフープは1メートルくらいのプラスチック製の輪を腰でぐるぐる回す運動です。実際にやってみると腰を中心に全身を使う有酸素運動だということがよくわかります。5分も続けていると体中がホカホカと温まり、汗が噴き出してきます。

1回で10分も続ければ、冷え性対策としては完璧。朝と夜、1日2回のフープ・エクササイズで血流がよくなり、体の末端も冷えなくなります。

ちなみに、腰だけでなく手首や足でも輪を回すことができます。末端の冷えが気になる人は、筋肉をつけるためにも手首・足首でもやりましょう。

お天気も関係ない

フープ・エクササイズのメリットは、いつでもできることです。スペースは畳2畳分くらいあれば大丈夫。そして室内でもでき、ステップエクササイズのマシンのような音もないので、とても気軽に始められます。

冷え性対策の有酸素運動は続けることがとても大事なのですが、いろいろな事情でお休みしてしまいがち。そしていったんお休みをすると、モチベーションが下がってしまい、なかなか再開できません。

その点、フープ・エクササイズなら着替える必要も、お天気も関係ありません。ウォーキングだと雨の日はいけないこともありますが、フープはあたたかい室内でパジャマでもできます。

つまり、冷え性対策のエクササイズとしては、逃げ道がないのでやるしかないのです(笑)。

どんなフープを買えばいい

photo credit: just some of my hoops...
photo credit: just some of my hoops…

フープ・エクササイズのメリットは、お金がかからない点です。最初にフープを買ってしまえば、あとは1円もかかりません。ではどんなフープを買えばいいのかというと、大事なのはサイズと重さです。

サイズの目安は、フープを立てたときの上端が、自分のおへその上下10センチに収まるものです。ウェストが太めのひとは、もう少し大きめのものでも回せます。
  • 基本の回し方をマスターするまでは、この初心者用サイズがベストです。
  • 重量はやや重めのほうが安定して回しやすいです。

慣れてくればどんなサイズ・重量の輪でも回せるようになりますから、それまでがんばりましょう。

安いけど費用対効果ばつぐん!

フープの回し方は、ユーチューブなどの動画で紹介されていますので、ご参考に。

腰をぐるぐる回していると思うかもしれませんが、あれは基本的に前後運動です。左右でも回せますが、いずれにせよ直線運動。腰が悪いからと言って、負担になるようなエクササイズではありません。

本格的にやるなら、¥5000以上のオーダーフープがいいかもしれませんが、最初は¥1000~¥2000程度の大人用フープを買えば十分です。

特集:【全身の冷え&末端冷え症に】効果で選んだ体を温めるサプリ

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング