全身が冷える人は食事で体温アップを!効果的な食べ物・ドリンク

[更新]  /  [公開] 2016年1月15日

photo credit: she had nowhere else to go
photo credit: she had nowhere else to go

 理由はわからないが、全身が冷えてたまらない人。

こういうタイプは、慢性的な低体温になっています。

冷えはそれだけ見るとたいしたことがない症状に思えますが、万病のもとといわれます。軽い症状のうちに体を温めて、深刻なトラブルにつながらないようにしましょう。

栄養は、足りていますか

全身が冷たい人は、毎日の食事量を確認してみましょう。足りていますか?

たとえば30代女性の1日に必要な摂取カロリーの目安は、1500~1800キロカロリーです。数値に幅があるのは、体重によって目安が変わるためです。それでも、平均的に1日に約1700キロカロリーは必要なのです。

低体温の人は、栄養が足りていないケースが多い。食欲不振であまり食べていなかったり、無理なダイエットで栄養不足になったりしているのです。体に十分な栄養がいきわたらないため血行が悪くなり、体が温まりません。

全身が冷たい人はこれを食べよう

全身が冷える人は、まずたんぱく質をしっかりとりましょう。

人間は食事をとると体の中で熱に変換されます。食事誘発性熱産生といいますが、特に牛の赤身肉などは非常にすぐれたたんぱく質です。赤身肉は脂肪分が少なく、カロリーもそれほど多くありませんので、女性は特に積極的にとりたい食べ物です。

ダイエット中でカロリーが気になるという人は、赤身肉に加えて野菜をたっぷり食べましょう。体を温める野菜は、主に根菜類です。

  • おススメ食材は、ゴボウやニンジン、大根、かぶなど。
  • 体を内側から温める食材としてニンニクやニラ、ねぎ、赤トウガラシなどもおすすめです。 

飲み物のおすすめはこれ

全身が冷えている人は、温かい飲み物をとりましょう。

お茶はウーロン茶や黒豆茶がよく、お酒も適量なら体を温めてくれます。赤ワインや紹興酒がおすすめ。量はたくさんいりません。

とくに長い間ダイエットを続けていた人などは、内臓が弱っていることもあります。強いお酒や刺激物など、胃腸に負担がかかるようなドリンクはやめましょう。

アルコールだけでなく、お茶もあまりたくさん飲まないほうがいいでしょう。全身が冷える人は体が水分をためやすいので、むくみの原因になります。

全身が冷える人は消化が悪い食べ物がNG

胃腸が弱っていることもあり、消化に悪いものはNGです。過度に脂っこいものは避けてください。

食べすぎは胃腸に負担がかかり、冷えを改善してくれません。一般的に食後は胃に血液をとられてしまうので、体は冷えてしまうのです。

週に1度くらいは雑炊やおかゆなど胃腸にやさしいものを食べ、体を休ませます。あるいは具のないスープなどを用意し、水分だけをとるデトックスも効果的。体重ダウンとともに、毒だし・胃腸の回復が見込めます。

食事量を増やしましょう

全身が冷える人は、しっかり食べているかどうかがポイント。人間の体は必要なカロリーを取り込まないと、熱を生まないようになっています。体の負担のかからないものを少しずつでも食べましょう。

冷えが改善される=体の中で食べ物の熱効率が良くなってくるということ。これは適切な体重管理にもつながりますので、しっかり食べるようにしましょう。

特集:【全身の冷え&末端冷え症に】効果で選んだ体を温めるサプリ

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング