自分の冷えはどういうタイプ?冷え性の種類

[更新]  /  [公開] 2016年1月15日

photo credit: flickr
photo credit: flickr

女性に多い冷え性。
まとめて冷え性といっても、全部同じではありません。

冷え方に違いがあるのです。

まずは自分の冷えがどういうタイプなのかを知って、効果的に改善をはかりましょう。

全身が冷える

photo credit: she had nowhere else to go
photo credit: she had nowhere else to go

冷え性の中でも「どこが冷えているのかわからないくらい、寒い」というのが全身冷えタイプです。
原因は運動不足と考えられ、新陳代謝や内臓の働きが弱っているとよく起こります。

女性はもともと筋肉が付きにくいのですが、運動不足が加わって筋力がとても低下している人に起こりがち。手足も冷たいですが、体中どこもかしこも冷えています。

平熱が低いのも、全身冷えの特徴。平常時の体温が36.2℃以下という人も多く、肩こりや生理痛のつらさを訴えることがあります。新陳代謝が悪いため、風邪をひきやすく貧血のひとも多いですね。

胃腸や内臓機能の働きが衰えている可能性がありますので、筋肉をつけ、内臓から元気にするのが改善のコツです。

全身が冷える人は食事で体温アップを!効果的な食べ物・ドリンク

末端が冷える

photo credit: winter's day
photo credit: winter’s day

冷え性に多いのが、手足の先が冷える末端冷え性タイプ。

手足を温めてもなかなか暖かくならないほど、冷えています。原因はダイエットや栄養不足や運動不足など。末端の冷え症は、とくに食事量が足りず体の熱量が少なくて、慢性的な低体温におちいりやすいのです。

足は特に冷えやすく、めまいや立ちくらみが多いのも特徴です。下半身に水がたまってむくみやすい・トイレの回数が少ない・寝ているときに足がつるなども訴えが多い症状です。

ただし末端の冷えは、レベルで言えば初期の症状。早めに対策を講じれば効果が出やすい冷え性です。

手足、足先の末端が冷える人に効果的な食べ物・ドリンク

ストレス冷えタイプ[全身の冷え+肌の乾燥]

photo credit: 18/52
photo credit: 18/52

全身の冷えに加えて、肌の乾燥を感じる人はストレス冷えタイプです。ストレスと体の冷えには密接な関係があり、気力が低下していると全身の血流も悪くなり、冷えが起こります。

このタイプの冷えは、寒いだけでなく全身のだるさを感じる人も多い。精神的に不安定で落ち込みやすく、食欲も出ません。食べる量が少ないので体温はますます上がりにくく、どんどん冷えていくという悪循環です。

睡眠が足りていないこともあります。ストレスから不眠や、眠っているが眠りが浅くて疲れが抜けない、などもあります。

原因がはっきりしているので、ストレスを取り除くのが改善の近道です。精神的な緊張を取る食べ物を増やして、体から楽になりましょう。人間の心身は複雑にからみあっているので、ストレス緩和に効く食べ物で、冷えなくなることもあるのです。

ストレス冷えタイプ(全身の冷え+肌の乾燥)に効果的な食べ物

冷え性はちょっとしたことで改善します

冷え性は、すぐに生死にかかわるわけではありません。しかし重大な体の不調のひとつで、放っておいても良くなりません。食べ物やちょっとした日常生活の注意で、改善が見込めます。快適な毎日のために、ちょっとがんばりましょう。

特集:【全身の冷え&末端冷え症に】効果で選んだ体を温めるサプリ

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング