疲れる女友達「フレネミー」の特徴と対処法

[更新]  /  [公開] 2016年1月13日

photo credit: Sara
photo credit: Sara

久しぶりに友達と会って楽しいはずがカチンとすることを言われてぐったり…。

しかもこれが初めてじゃない!
そんな風に感じることはありませんか?

周りはみんな楽しそうにしているから、自分がおかしいのかも…と感じてストレスになってしまうようになったら要注意。

その人はフレネミーかもしれません。

フレネミーとは

人気のドラマSex and The cityでもテーマとして取り上げられたことのあるフレネミーという言葉。

フレンド(友達)とエネミー(敵)を合わせた造語で友達のフリをしてあなたを敵視し、貶めようとしている人のことをこう呼んでいます。

フレネミーの特徴的な言動とは

フレネミーはいつも自分が一番でなければ気が済まないタイプ。なかには「私、いつも自分が一番じゃないとイヤなの」「私って性格悪いから」と豪語する人も。先回りしてこう言っておけば、サバサバした印象を与えられるだけでなく、あえて周りは非難することができなくなるからです。

また人の幸せを喜ぶことができないので、ちょっとした会話もすぐに「自慢話でしょ?」と突っかかってきます。それでいて、自分の自慢話は延々とするのがフレネミー。自慢話の中にさりげなく、あなたを貶めるようなことを織り込むのも得意。例えば「この間、ドイツに行ってきたの。すごくよかったけど、言葉が話せない人は楽しめないかもね~」といった具合です。

さらに褒めるフリをして相手を貶めるのも大好き。例えば、あなたが一般的な会社員だったとします。すると「○○さんはスーパーOLだから!」といった風に相手を小馬鹿にすることで自分の自尊心を満足させているのです。

そして誰かが失業、失恋、離婚した…。などというと、急にイキイキするのも彼女たちの特徴。人の不幸が大好きなのもフレネミーの特徴です。

人をコントロースしたがるフレネミー

photo credit: Let me explain...
photo credit: Let me explain…

フレネミーはターゲットにした相手をコントロールしたがります。まるで家来のように扱って配下におきたがるため、フレネミーの友人は年下ばかりということも多いのです。

また会ってすぐの人を親友扱いすることも多く、常識的には考えられない数の「親友」を持っています。ターゲットになると相手の行動を把握していないと気が済まないので、フレネミーを除いたメンバーで会ったことがばれたりすると大騒ぎになることもあります。

フレネミーにしてはいけない行為

フレネミーの特徴に当てはまる友人がいたら、そっと距離を置くようにしましょう。そして自分の個人情報はあかさないようにすること。なかでも友達を紹介するのは厳禁です。

自分が一番でなければならない彼女たちはあなたの友達に電話やメールを頻繁にして、あたかも自分の方があなたの友人と仲がいいように見せかけてあなたにプレッシャーをかけてきます。

大切な友達やグループはフレネミーには紹介しないようにしましょう。

また真っ向から対立するのもNGです。友達の数が多く、コントロールしやすいタイプを周りに置いているフレネミーを敵に回すと、ママ友や同僚といった小さなコミュニティーの中であなたが孤立してしまうこともあります。

フレネミーへの対処法

photo credit: Δ†
photo credit: Δ†

狭いコミュニティーの中にフレネミーがいて、あなたがターゲットになった場合、すべきことは「うまく距離を置くこと」「相手が一番だと思わせること」「かわいそうな人だと思って気にしないこと」につきます。

頻繁に会うのはできるだけ避け、自分の友達関係や家族の話はなるべくしないようにします。フレネミーからつまらない人と思われれば、しめたもの。次第に別のターゲットを探すでしょう。

挑発にのって言い返したり、落ち込んだりしてはいけません。ストレスを感じてあなたが自信をなくすようなことがあれば、まさにフレネミーの思うツボ。人を貶めることでしか自分の存在価値を測れない気の毒な人と思って、スルーしましょう。実際にフレネミーの中には大きなトラウマを抱えている人も少なくないのです。

適当に「○○さんて、すごいよね。やっぱりあなたが一番よ!」とおだてて気分をよくしてあげるのもオススメ。次第にあなたを攻撃することもなくなるでしょう。

またフレネミーを含めた集まりで周りが楽しそうにしているのを見ると自分だけがおかしいのかも?と思って悩んでしまう人もいますが、そんなことはありません。多かれ少なかれ、フレネミーは陰で疎まれているもの。気が強い人だったり、権力を振りかざしたりするタイプなので何も言えずに従っているだけという人も多いのです。

こうした集まりを不毛と考えるなら、淘汰するのもアリでしょう。フレネミーに関わってイライラしたり落ち込んだりするのは時間のムダです。上手に距離をとって、建設的な付き合いができる友人を大切にしましょう。

眠れない夜にサヨナラ!植物の力で快適な眠りをサポートする睡眠サプリの比較

[ メンタル ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング