食費の節約で年10万円!?節約上手になれる買い物のコツ

家庭によって出費の大きさに差がつく項目と言えば食費です。

食費は無くすことはできませんが、少し工夫をすれば月に数千円~1万円程度は節約することができます。

これを毎月続ければ、1年に10万以上も節約できる可能性だってあるんです。

食費を抑えるなら、品数を減らしたり、質素なおかずにすることよりも、まずはスーパーでの買い物の仕方を見直すこと。

節約上手な主婦の多くが実践している、買い物ワザを紹介します!

予算を決める

始めにとりかかるべきは、予算を決めることです。
月の予算を決めて、そこから1週間の予算を決めます。

買い物に行く際はその予算分だけをお財布に入れて、それ以上は買わないように決めましょう。

4人家族であれば調味料とお米は別予算にして、週に5000円程度に設定してみることをおすすめします。

1ヶ月あたり3~4万円で抑えらえればまずは節約成功と言えるでしょう。

買い物は週1回にする!

節約できる買い物の方法としては、

  • スーパーの特売日に合わせてこまめにする
  • スーパーに行く回数を減らしてまとめ買いする

の2通りがあります。

関連:スーパーの安売り時間の立ち回り方!割引の順番は「惣菜、魚、肉」

たしかにチラシをこまめにチェックして特売日に買い物するのも節約への道ですが、実際に節約を成功させている人の多くは後者のまとめ買い派が多いようです。

その理由は、特売日の買い物では目玉商品以外に、、ついつい他の商品も一緒に買ってしまいやすいから。

余計なものを買わないように、できるだけスーパーに行く回数を減らしてまとめ買いするようにしましょう。

まとめ買いすると献立を決めるのが難しく感じますが、まずは5日分のメインおかずを考えて買い物すればOK。

残り2日程度なら残ったものや常備している食品から何とかやりくりできますよね。
残ったものをいかにうまく使って料理を作るかも、主婦の腕の見せ所です。

定番食材を決めておく

買うものはいつも同じものにすることで、買い物も楽になり節約にもつながります。

  • お肉なら鶏むね肉、豚ひき肉、豚こま肉など。
  • 野菜ならじゃがいも、玉ねぎ、キャベツなど。
  • 常備する食材として牛乳、納豆、ヨーグルトなど。

基本はいつも同じ食材で料理するようにすれば、バリエーションの広げ方も無理がないですし、献立を決めるのも楽になります。

毎月の食費も上下しにくいので、予算内に抑えやすくなるでしょう。
定番食材に限定した買い物は、節約にも時短にもなる賢い方法です。

関連:損をしない!お得に買物をするスーパー節約法

お肉はまとめ買いして冷凍

食材の中でも肉や魚などのタンパク質は、値段が高価になりがちです。

野菜と違ってお肉は冷凍すれば長く保存ができるので、安く買える日にまとめて買うのが節約のコツ。

特売で多めに購入したら、その日の内に1回分の量で小分けにしてから冷凍してしまいましょう。

ただし、使うのを忘れたまま何か月も冷凍庫に入れっぱなしにならないように、在庫管理には注意してくださいね!

在庫と買うものはメモしておく!

何も考えずに買い物に行ってしまうと、必要のないものを買ってしまったり、まだ家に残っているものを買ってしまったりの失敗もありますよね。

また、買わなければならないものを買い忘れてしまうと、お店に行く回数も増えてしまって余計な買い物をしてしまう危険が増えます。

無駄な買い物を抑えるためには、面倒でもきちんとメモを活用することが大切。家にある食材はリストを作って管理しておきましょう。

冷凍庫のものや、常温で長期保存できるものは特に買いすぎや買い忘れしやすいです。

買い物に行く前には在庫をチェックして、買わなくてはならないものをメモしてから買い物に行くと失敗が少なくなります。


今すぐに全てを実践するのは難しくても、できそうなものからどんどんチャレンジしていくのも大切。

節約したいなら甘えすぎては意味がないですし、辛すぎても続きません。

今より少しでも出費が減って貯蓄に回せるよう、無理のない範囲で食費の節約を始めてみてくださいね!

[ 節約 ] 記事一覧

カードローンキャッシングの前に|お金を借りる人のためのサイト

総合 - アクセスランキング