”ハイヒールを履くだけダイエット”おまけに美脚もプラス!

[更新]  /  [公開] 2016年1月8日

最近ハイヒール履いてますか?

ハイヒールを履くと足が痛くなったり疲れやすいという方も多いですが、それってそもそも歩き方に問題があるからかもしれません。

ハイヒールで難なく歩けるようになれば女性としても魅力的ですし、自然と美脚に近づくことができるのです。

大人の女性の魅力をグーンと上げるハイヒールを履いて、ほっそり美脚を目指してみませんか?

ハイヒールを履くと美脚になれる!は本当?

ハイヒールで街を歩く女性って、スタイルが良く、素敵に見えると思いませんか?その理由を大きく2つにまとめました。

◎足が長く、全身がキレイに見える

photo credit: IMG_2895 Leather dress street fashion
photo credit: IMG_2895 Leather dress street fashion

 ヒールが高い分だけ膝下が長く見えるので、自然と足全体がほっそりした印象になります。

それから、ハイヒールを履くことで筋肉が緊張し、ふくらはぎの筋肉の位置が高くなって、両足の隙間が引き締まります。

また、全身のバランスもぺたんこ靴を履いているときより細く見えます。

ハイヒールを履けばて腰の位置が高く、身長が高くなるので、全身をほっそりした印象にしてくれるのです。

◎エクササイズ効果がある

photo credit: lady on a staircase : san francisco (2013)
photo credit: lady on a staircase : san francisco (2013)

ハイヒールを履いて美しく歩くためには、姿勢の良さと筋力が必要です。

ふくらはぎ、足の内側、腹筋、背筋、お尻など様々な筋力を使って美しく歩くことでハイヒール姿が美しく、長時間履きこなすことができます。

実際に立ち姿や歩き姿を意識してハイヒールを履いてみると、思っていた以上に全身の筋肉を使っていることがわかるでしょう。

正しい姿勢や歩き方でハイヒールを履くことで、脚全体はもちろん、ヒップや上半身の引き締めにもなります。

ハイヒールを履き続けることで、自然と全身のエクササイズになっているのです。

ハイヒールが上手くはけない理由!

疲れるとか、靴擦れするなどの理由でハイヒールを苦手に感じている方も多いですよね。
ハイヒールを上手く履くことができない人には、いくつかの特徴があるのです。

1:姿勢が悪い

photo credit: Tami - Red And White - Harumph.
photo credit: Tami – Red And White – Harumph.

普段から猫背で、前側に重心をかけている姿勢の人はハイヒール姿が美しくなく、長時間履くことを苦痛に感じてしまいがちです。

ヒールのある靴はかかとの裏が地面に密着しないため、余計に前側に重心がかかります。

膝が曲がり、肩の位置よりも頭が前になってしまうことで見た目も美しくありません。膝や腰にも負担がかかるので、ハイヒールで歩くことが苦痛になってしまうのです。

2:歩き方が間違っている 

photo credit: Bring Me Down
photo credit: Bring Me Down

姿勢が悪い状態でハイヒールを履いて歩くと、足に負担がかかって疲れやすくなります。

普段履いている靴底が、外側ばかり減る、内側ばかり減るなど偏った減り方をしている場合は、歩き方の基本を見直す必要があるでしょう。

理想的なかかとの減り方は、かかとの外側と親指の下あたりが減るタイプです。

間違った歩き方ではふくらはぎの外側の筋肉に疲労が溜まりやすいですし、靴擦れも起こりやすくなります。

また、ふくらはぎの筋肉が余計に発達してしまって、思っていたほっそり美脚から遠ざかってしまう可能性もあります。

3:靴が合っていない

photo credit: Tami - Red And White - Shoes
photo credit: Tami – Red And White – Shoes

当然、靴の形が合っていなければ上手く姿勢を保つことも、歩くことも難しいでしょう。
自分に合ったハイヒールを選ぶことも重要です。

かかとがぴったりフィットすること、足の指が縮こまっていないこと、くるぶしにあたらないかなど、ヒールのある靴は特に慎重に選びましょう。

ハイヒールをはきこなす歩き方!

ハイヒールは、間違った姿勢や歩き方で履いていると脚が疲れてしまいやすいですし、ふくらはぎに筋肉がつきすぎてしまうこともあります。

美しく見えて、エクササイズにもなるハイヒールの履き方、歩き方をマスターしましょう!

◎土踏まずの中心あたりに重心をおく

photo credit: New killer black heels side on
photo credit: New killer black heels side on

普段の姿勢が悪い人は、つま先、あるいはかかとのどちらかに重心が偏ってしまうことが多いです。足の裏の中心に意識を向けて、前や後ろに体重をかけずに真っ直ぐ立つようにします。

腹筋や背筋を使って、天井から糸でつるされているような姿勢をキープしましょう。

◎太ももの内側に力を入れる

photo credit: IMG_8362 Sexy rain wear
photo credit: IMG_8362 Sexy rain wear

足の外側ばかり使って歩いてしまう人は少なくありません

見た目にも美しくないですし、これだと脚の内側の筋肉が衰えるので脚が太く見えてしまいやすいです。

また、不安定な状態で歩くことになるので脚の疲労も溜まりやすくなります。
内もも同士を引き寄せるように、脚の内側を意識しましょう。

◎遠くを見つめて、つま先とヒールは同時に着地する

photo credit: miley cyrus foot
photo credit: miley cyrus foot

歩くときはモデル歩きを意識して、真っ直ぐな線の上を足をクロスさせながら歩くようにします。

踏み出した足を地面につけるときは、つま先とかかとは同時に着地。
つま先の向きは外側に30度ほど向けましょう。

体重は踏み出した足と一緒に移動させて、常に前の足にのっている状態です。
脚だけでなく腹筋や背筋など全身を使って歩くようにしましょう。


 これまで不安だったハイヒールでも、正しい姿勢や歩き方をマスターすればきっと楽に履きこなせるようになるはず。

オシャレを楽しみながらできる美脚エクササイズ、ハイヒールダイエットで美人に磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

[ 運動でダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング