お金持ちの人がお金に好かれるために行なっている節約術

 5753_mv

節約って貧乏人がするものだと思っていませんか?

そんなこと無いんです!
実はお金を持っている人ほどしっかり節約しているんですよ!

でも、実際お金を持っている人はどのような節約をしているのか気になりますよね。

今回は、お金持ちの人がお金に好かれるために行なっている節約術をお届けします。

衝動買いをしない

お金を持っている人は、お金を持っているからといって衝動買いをしません。

お金がすぐになくなってしまう人は「セールだ!」という理由で欲しくも無い服を買ったりしてしましますよね。

でも、お金を持っている人は欲しくないものはどんなに安くても買おうとはぜず、「無駄」だと考えます。

ケチというわけではないのですが、手元にお金があるからといって使わないようにする。
それだけ気をつけるだけで散財を減らしお金が貯まるようになるようですよ!

値段より自分に価値がる物のみ購入する

お金を持っている人が節約と聞いて、何を考えるのかと言うと「値段よりも自分に価値をもたらしてくれる物かどうか」という根本を考えるのだとか。

例えば、500円のティーカップだとしても気に入らなければ買わないし、自分が決めた500円という価値よりも上回る価値を見いだせそうなら買うという思考ですね。

自分に今本当に必要な物は何かを常に考えて行動するので、価値のあるものを見極める目も持ち合わせています。

高くても長く使える物を買う

安物買いの銭失いという言葉が昔からあります。

安いから買うといって買う物は、どうしても気に入らなかったり、サイズが合わなかったりと何かしら使わなくなってしまう事も多いでしょう。

それを知っているお金持ち達は、高くても長く使える物を買おうと心がけているのだとか。
そういう物はすぐにはみつからないため部屋の中は実にシンプル。

いくつも同じ物があるわけではなく、必要なものしかおいて居ないのでどこに何があるかも一目瞭然。

無駄買いが余計に減るという良い流れができあがるのですね!

お金を使わなくて良いものは使わない

お金持ちの人は、お金を使わないように努力しています。
お金があるからといって、本を買うにしても新品を購入する事はありません。

図書館で借りるか、中古屋さんで探します。そのための労力は厭わないのです。

化粧品などもお試しでもらえるサンプルなどは無いかなどちゃんとチェックしているようです。(コレをケチと呼ぶか節約と呼ぶかは人次第なのですが)

お金をかけなくても済む部分や、節約できる部分が自分にあるのかを探るのもお金持ちになるためには必要な部分なのかもしれませんね。


 

今回は、お金持ちの人がお金に好かれるために行なっている節約術を4つ見ていきました。

私達が負担している節約術とはちょっと違って、もっと大まかな考え方の違いが見られるような気がしませんか?

確かに。無駄買いをしない事は必要な事ですし、長く持つものを買えば部屋が散らかる事もなく掃除にも手間がかかりませんよね。

貧乏脳をお金持ち脳に変化させて、お金に好かれる自分になっていきたいものですね。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング