その冷え性はコレステロールが原因かも?

[更新]  /  [公開] 2015年12月27日

photo credit: 014/365 - day n nite
photo credit: 014/365 – day n nite

企業の戦士として働く女性が年々増加の傾向にありますが、それに伴い、身体の不調を訴える方も増えつつあるようです。

たとえば、20代まではなんともなかったのに、30代に差し掛かったころから急に手足が冷えるようになるなど。

手足の冷えの原因は、単純に外気の低さによるものであることも多いのですが、身体の内部に問題が発生して起こっていることも少なくはありません。

しかもその問題は、表面に自覚症状として現れるものではないため、知らず知らずのうちにあなたの身体の内部を蝕んでいることもあります。

関連:【全身の冷え&末端冷え症に】効果で選んだ体を温めるサプリ

食生活、どうなっていますか?

お付き合いが多くなると、それだけ食生活に乱れが生じやすくなります。

特にお酒の席へ出席する機会の多い方の場合では、連日お酒とともに高カロリーな食事を摂っているということもあるでしょう。

そして、そのような食生活を続けているうちに、急に手足の冷えが気になってくることがあります。では、その原因はいったいどこにあるのでしょうか?

それは、コレステロール値または中性脂肪値の上昇です。
そこで、手足の冷えが気になっているのであれば、今すぐに確認して頂きたいことがあります。

  • 人差し指と中指のつけ根、そして、親指の付け根が赤や紫色に変色してはいないでしょうか?
  • また、不自然に白っぽくなっていることはないでしょうか?
もしもそのような状態が起こっているのであれば、それは食生活の乱れによるコレステロール値や中性脂肪値の異常が原因である可能性があります。

そして、この状態を放置しておくと、やがては動脈硬化を引き起こすこともありますので注意が必要です。

緩やかなダイエットをしてみませんか?

コレステロール値や中性脂肪値の異常は、医療機関での検査ですぐにわかります。

そこでこれらの値が異常であると診断された場合には、必要に応じて薬の服用を開始しなければならないこともありますが、ご自身でダイエットをすることも必要です。

ダイエットという言葉を聞いてひるんでしまう方は多いのではないかと思いますが、無理な食事制限をすることだけがダイエットではなく、必要な栄養素を摂りながら、摂取カロリーを減らして行くという方法も立派なダイエットです。

もしもご自身で食事制限の方法がわからないという場合には、専門医に相談してみるとよいでしょう。

現在ではダイエット外来などの外来が数多く存在しています。

手足の冷えが気になり、なおかつコレステロール値や中性脂肪値の異常が疑われる状態なのであれば、本格的に体調を崩してしまう前に、まずは専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング