ストレスが溜まると慢性的な冷え症になる!?

[更新]  /  [公開] 2015年12月27日

photo credit: contemplation.
photo credit: contemplation.

ストレスは万病の元といいますが、ストレスは精神に悪影響を与えるばかりではなく、身体のあらゆる部分に不調をもたらしてしまうこともあります。

たとえば、冷え症の問題があります。

特に外気温が低くなる時期には、身体が冷たい外気にさらされることによって冷えが起こりやすくなりますが、そこへストレスが加わることにより、さらに身体が冷え、ついには慢性的な冷え症となってしまうことも少なくはありません。

なんでストレスで冷え症になるの?

人間の身体のメカニズムは実によくできていて、ストレスを感じるとその警告として筋肉に緊張が起こります。

そして、この状態が習慣化すると、常に筋肉の緊張が続くことになり、これが血流を妨げて冷え症のきっかけとなります。

ところが厄介なことに、ストレスによる冷え症は自覚症状がほとんどなく、気がついたら手足を中心に身体全体が冷えているということがほとんどです。

ストレスのバロメーターは筋肉の緊張、なんとなく筋肉が緊張していると感じたら、短時間でもストレッチを行うなど、筋肉の緊張をほぐす工夫を行いましょう。

アロマバスでストレス解消!

寒い冬にピッタリなリラックス方法に、アロマバスでゆっくりと身体を温めるというものがあります。

方法はとても簡単、浴槽のお湯に、数滴アロマオイルを垂らすだけ。

アロマオイルはお好みの香りのものでOKですが、特に強なストレスを感じているのであれば、ラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、ベルガモットがおススメ。

気分をリフレッシュしたいのであれば、グレープフルーツもいいですよ。

また、身体がだるい、なんとなく風邪っぽいなどというときにはユーカリやパインツリーがおススメですが、これらの香りは少々刺激が強く鼻の粘膜を刺激することがありますので、使い過ぎには注意して下さいね。

リンパマッサージでリラックス

せっかくアロマバスを愉しむのであれば、そのついでにリンパマッサージを行ってみてはいかがでしょうか?

リンパマッサージはリンパの流れをよくするだけではなく、身体全体のリラックス効果も期待することができます。

これによりストレスが緩和されて寝付きがよくなりますので、アロマバスとともに、リンパマッサージもぜひ実践してみましょう。

【全身の冷え&末端冷え症に】効果で選んだ体を温めるサプリ

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング