コーヒーの飲みすぎは身体を冷やす?その冷えは飲み物が原因かも!?

[更新]  /  [公開] 2015年12月26日

季節を問わず、身体の冷えに悩まされている女性は多いと聞きます。

そしてその原因には、偏食による栄養不良、お風呂をシャワーだけで済ませている、寒い時期でも薄着で過ごしているなどが挙げられます。

ところが、これらのすべてに該当せず、身体を温める工夫を行っているのにも関わらず、なんとなく身体の冷えが気になるという方が存在しています。

では、この理由はいったいどのようなところにあるのでしょうか?

飲み物の種類に目を向けたことがありますか?

毎朝、コーヒーを飲まないとなかなか頭がスッキリしないという方は多いのではないでしょうか?

コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが含まれていますので、特に寝起きに頭がスッキリしないという方にとっては、とてもありがたい飲み物でしょう。

ところがです。

コーヒーには利尿作用があり、一度に大量摂取してしまうことによりトイレの回数が増え、体温が下がりやすくなるといわれているんです。

利尿作用のある飲み物はむくみの解消にも役立ちますので、とてもありがたい存在ではあります。ですが、大量に摂取してしまうと思わぬ弊害が起こってしまうということも知っておきましょう。

また、緑茶もコーヒーと同様に利尿作用を持ち、大量に摂取すると身体を冷えしてしまう恐れがありますので、あまりガブガブ飲んでしまわないよう、注意してみて下さいね。

身体を温めるにはこの飲み物!

コーヒーを飲むのであれば、それをココアに変えてみてはいかがでしょうか?

ココアにはテオブロミンという血行促進に役立つ成分が含まれているため、身体の冷えを防ぐ作用を持っています。

一般的に身体を温める食品としては生姜が有名で、生姜湯や生姜紅茶などの飲み物がよく知られています。

ところが、生姜は好き嫌いがはっきりと分かれる食品で、どうしても生姜入りの飲み物を飲めないという方もいらっしゃることでしょう。

そのような方は、ぜひ、ココアを飲んでみて下さい。

ココアのテオブロミンは、生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールという成分と同様、身体を温める効果に優れた効果を発揮してくれますよ。

ココアは健康ドリンク!むくみ、冷え性、リラックスに効果的な成分が

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング