まとめ買いor小分け買い…節約にはどっちが効果的?

節約を始めるとき、まず見直してほしいのが食費です。

とはいっても、食事のメニューを変更したり減らしたりするのはやはり難しいですし健康にもよくありませんよね。

そこで、見直したいのは「買い物の方法」です。

食費を節約するには“一度にまとめ買い”か“毎日小分け買い”どちらが効果的なのでしょうか?

一度で大量にまとめ買いのメリットデメリット

<まとめ買いのメリット>

まず、まとめ買い一番のメリットはスーパーに行く回数を減らすことができる点です。

スーパーへ行く回数を減らすと自然に余計なものを買う機会が減少しますし、特売や割引日を狙うことで自然と食費が節約できます。

また、スーパーに何度も通わなくてもいいためガソリン代や時間の節約にもなります。また、限られた食材の中でメニューのやりくりをすることで料理の腕が上がります。

<まとめ買いのデメリット>

デメリットとして挙げられるのは、使いたい食材や調味料がなくなった場合慌てて買いに行かなければいけないことです。

また、ある程度メニューを考えてから買い物をしないと食材によっては使い切れなくなり腐らせてしまう可能性があります。

また、レタスのような葉物の野菜などすぐ使い切らなければ傷んでしまうものは大量に買うことができません。

スーパーによっては特売日が前日に告知されることもあるので割引日を逃すことも。

小分けにそのつど買いのメリットデメリット

<そのつど買いのメリット>

必要なものを必要な分だけ買うその都度買いのメリットは、食材の鮮度が保てることと食材のロスが減らせることです。

メニューを考えたうえで毎日使い切る分だけを買うので腐らせる心配がなく管理も楽です。

また、新しい料理に挑戦しやすくメニューのレパートリーを増やせます。生野菜や生魚など鮮度の良い食材を使った食事が食べられる点もメリットの一つです。

<そのつど買いのデメリット>

デメリットは毎日買い物に一定の時間が必要になる事やスーパーに行く回数が増えてしまうため、1日分の食費をしっかりと決めて計画的に買い物をしなければ余計なものを買いがちになってしまうことです。

また、食材のストックができないので自分の体調や天候に関わらず買い物に行かなければいけない手間があります。

結局どちらが節約に向いているの?

まとめ買い、そのつど買いとそれぞれメリットとデメリットがあり一様には決められません。

しかし、自分のライフスタイルや性格を考慮したうえで続けやすい方法を選ぶことが大切です。

どちらが向いているのか分からない・・・そんな場合は一度どちらの方法も試してみて自分に合った方法を見つけましょう。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング