痩せる成長ホルモン??早くよく寝た方が痩せられる理由

photo credit: V. 1
photo credit: V. 1

運動も食事も気を使っているのに、なかなか痩せない。ダイエットは難しいものと思っていませんか?

ダイエットに必要なのは質のいい睡眠。睡眠を変えることでダイエット効果を上げることができます。

痩せることと寝ることは関係ないと思われがちですが、実は密接な関係にあります。
睡眠を見直し、痩せやすい眠りを得られるようにしてみましょう。

睡眠と美容の関係

睡眠と美容に深い関係があることを認識している女性は多いでしょう。

どんなお疲れ顔でも、ぐっすりと眠ることによって翌朝の肌が生まれ変わっているなんてこともあります。

高価な美容液や懸命なマッサージよりも、早くにベッドに入り、充分に深い睡眠を得た方が肌にいい結果をもたらします。

それは日中に受けたダメージを、睡眠によって修復させることができるためです。

眠ることによって細胞の再生と代謝が促され、肌を生まれ変わらせることができます。睡眠中には活発に成長ホルモンが分泌され、この働きによって美しい肌を育てます。

この成長ホルモンは肌の美容だけでなく、痩せやすい体作りにも必要不可欠なものです。
夜ぐっすり眠る女性の方が美しく、スリムな体型を維持することができます。

痩せる成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは脳から分泌される、成長を促すホルモンのことです。

幼少期から成長期はこのホルモンによって骨や筋肉が発達して身長が伸び、大人らしい体へと変化を遂げることができます。

この成長ホルモンは子供だけでなく、大人にも良い効果をもたらします。
大人の体であっても皮膚や骨を丈夫にし、筋肉量を増やすことができます。

傷ついた細胞を修復し、体内の機能を正常化させるという大切な役割もある必要不可欠なホルモンです。そんな成長ホルモンは食事にて摂取した栄養をエネルギーへと変え、脂肪を燃やす働きもします。

成長ホルモンは眠ることによって盛んに分泌されるため、深く眠るだけで余分な脂肪をため込まず、さらに燃焼させることができるのです。

成長ホルモンは加齢によって分泌量が減るため、年齢のせいで痩せにくい方こそ睡眠に頼ってしまいましょう。

ダイエットをするのなら成長ホルモンを利用しない手はありません。

寝ることでプチ断食ができる

起きている間はついつい何かを食べてしまうもの。

食事はしなくとも、お菓子をつまむ、ドリンクを飲むなどして無意識にカロリーを摂取してしまいます。

ダイエット中だからと我慢している人もいますが、それはそれでストレスが溜まってしまいます。
食べたいのに食べられない、空腹に耐えるのは辛いもの。

空腹でも辛さを感じない時間、それは寝ている時間ではないでしょうか?
眠っている間は空腹感よりも睡眠欲が勝るはず、無理せずプチ断食ができます。

夜更かしし過ぎてしまう人、早めに寝る習慣を身につけてみてください。
余分なカロリーを摂取する心配がないのはもちろん、寝るだけでもカロリーは消費されます。
また空腹中と深い睡眠を得ている時には成長ホルモンはより分泌されやすくなります。
多くの成長ホルモンによって脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい体にすることができます。

寝ているよりも起きている時間が長い方がカロリーを多く消費できるため、ダイエットに効果的と思われていた方もいるのではないでしょうか?

実は眠ってしまった方が体に負担がかからず、さらに痩せやすいホルモンを多く分泌することができるのです。

痩せにくいとお悩みの方は、早めの就寝時間を心掛け、心地いい眠りを得られるように工夫をしてみましょう。

成長ホルモンを充分に分泌させ、美しい肌とスリムな体を手に入れてください。

[ ダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング