消臭スプレーが苦手な人は手作りアロマオイルはいかが?

[更新]  /  [公開] 2015年12月18日

私たちの生活のいたるところで活躍してくれる便利なアイテム、それは消臭スプレーです。

たとえば、レストランなどでコートに臭いが移ってしまったときなども、自宅に戻って消臭スプレーをシュッとひと吹きするだけで、瞬間的に気になる臭いを除去することができますね。

そして、タバコの臭いやペットの臭いなど、自分では気がつかなくても第三者に不快感を与える可能性がある臭いに対しても、消臭スプレーきっちりとその実力を発揮してくれます。

このように、私たちの生活の中のあらゆる臭いの問題を解決してくれる消臭スプレーではありますが、使用中にあることをしてしまうと、人体に対して悪影響を及ぼすことがあります。

消臭スプレーの成分について

消臭スプレーの中には、当然のことながら消臭効果を期待することのできる成分が配合されており、トウモロコシ由来成分などが主流となっているようです。

それだけなら特別問題はないのですが、消臭スプレーにはその他の化学合成物質が配合されており、これらの成分をこと細かく調べるのは至難の業。

そして、それらの化学合成物質の中には、気管支炎喘息を誘発するものもあります。

スプレーを吸い込まないで!

なんらかの化学合成物質に対してアレルギー反応を起こす可能性のある方がスプレーを吸い込んでしまった場合には、気管支炎喘息をはじめとするなんらかの症状が現れる可能性が高くなるということですね。

また、犬や猫、小鳥やハムスターなどのペットは、往々にして化学合成物質に対し過敏な反応をしめすものがおおいので、間違ってもペットに向かってスプレーを吹きかけてしまわないよう、十分に注意しましょう。

消臭スプレーの上手な使用方法について

衣類にスプレーするにしても部屋の空気中にスプレーするにしても、1回で大量にスプレーはしないこと。

アレルギー反応が起こりやすい方の場合では、スプレー時にマスクを着用し、スプレーの粒子が落ち着いた頃にマスクを外して下さい。

アロマオイルという手もありますよ!

アロマオイル(エッセンシャルオイル)は天然由来成分であり、直接口から体内に入ってしまった場合を除いては比較的人体への安全性は高いと考えられています。

また、アロマオイルにはさまざまな香りがあり、消臭スプレーほどの消臭効果を期待することはできませんが、ある程度の消臭効果なら期待することができます。

そこで、消臭スプレー代わりにアロマオイルを使用したアロマスプレーで代用してみてはいかがでしょうか?

アロマスプレーの作り方はとても簡単、
200mlのスプレーボトルに水を8分目程度まで入れ、アロマオイルを5滴程度入れて混ぜます。

これでアロマスプレーのできあがりです。

アロマオイルはオイルですので、ナイロン地などにスプレーするとシミになってしまう恐れがありますが、お部屋の空気中に向けてスプレーする分には、カーペットにシミができてしまうような心配もありません。さらに、アロマのリラックス効果も楽しむことができます。

アロマスプレーは衣類の消臭には向きませんが、消臭スプレーはちょっと…という方は、アロマスプレーをお部屋の消臭剤として取り入れてみてはいかがでしょうか。

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング