ブーツで水虫にならないためにしっかり予防しよう

ブーツは、寒い冬の足元を守ってくれるとても大切なアイテムですね。

”冷えは足元から…”というように、足元を冷えすことによって冷え症の症状が現れてしまうこともありますので、足元だけは常に冷やさない工夫が大切です。

ところが、足元を冷えから守ってくれる便利なブーツが、足のトラブルを引き起こす原因になってしまうことがあります。

そのトラブルとは、水虫の問題です。

なぜブーツで水虫になるの?

水虫は白癬菌(はくせんきん)という菌が繁殖することによって起こる症状で、高温多湿な環境が白癬菌の増殖に拍車をかけます。

ブーツのメリットは外気の冷たさから足を守ってくれるというところにあります。

ところが一方で通気性が悪いというデメリットを持っているため、ブーツの中でかいた汗が蒸発することなく溜まり続けることにより、白癬菌の温床になってしまう確率が高くなります。

そしてさらに、ブーツの内部をしっかりと乾燥させておかないと、白癬菌はブーツ内でさらに増殖を続けることになり、そのブーツを履いたあなたの足に水虫をもたらすことにもなりかねません。

ブーツは履きたいけど、水虫はイヤだし…

ブーツによる水虫を防ぐためには、1日中履いていたブーツの内部を、そのたびごとにきちんと乾燥させることです。

それには、ブーツやパンプス専用の吸湿剤や乾燥剤などを使用するとよいでしょう。また、毎日同じブーツを履き続けないということも、水虫の予防につながります。

万が一水虫になってしまったら?

市販の水虫薬で対応するとともに、普段から吸汗性の悪いナイロン製の靴下を履かないことが大切です。

また、水虫薬で症状が改善されないのであれば、それは水虫ではなくて水虫とよく似た症状が現れる皮膚炎である可能性も否めませんので、皮膚科で検査を受け、適切な治療を開始しましょう。

また、剥がれた角質は白癬菌の餌になりますので、角質ケアをきちんと行うことも大切ですよ。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング