光熱費・保険の支払いをクレジットカードにするだけで簡単節約!

 

浪費家さんの御用達アイテムになりがちなクレジットカード。

堅実派なら現金決済を心掛けるべき!なんて意見も耳にしますが、使い方によってはカードを利用した方が節約に繋がります。

その理由は、使った金額に応じて還元されるポイントです。

無駄遣いではなく、必要なものに使うお金ならクレジットカードを使った方がポイントが貯まるので、年間で数千円~数万円分もお得になるかもしれないのです。

ただし、何でもかんでもカード払いにしてしまうのはただの浪費になってしまいます。

クレジットカードを上手に使うコツは、その使い道を限定すること。特に毎月必ず支払っているお金、つまり”固定費”の支払いだけをクレジットカードで払えば良いのです。

例えばこんな支払いにはクレジットカードを利用しましょう。

公共料金

まずは定番の公共料金です。
水道、ガス、電気代は可能ならクレジットカードで支払いましょう。

電気代なら概ねカード払いができますし、ガスや水道も大都市を中心にカード払いできるところは多いです。

NHK受信料もクレジットカードで支払うことができるので、引き落としにしているならカード払いに変更することをおすすめします。

通信量

インターネットのプロバイダ料金、携帯代も固定費です。

今おすすめしたい最新の格安スマホの選び方!比較すると月額代が半額に!

家族が何人もいる場合は人数分の携帯代、スマホ利用なら基本料金も高くなってしまいますので月に何万円もかけている家庭も多いはずです。

ここでもクレジットカードで支払いをすればその分がポイント還元されるので、月に3万の通信費であれば年間で数千円分のポイントが手に入ります。

毎月の出費額も変動しにくい項目ですので、ぜひクレジットカードで支払いましょう。

税金、国民年金保険、国民健康保険

地方自治体によりますが、固定資産税や自動車税などをクレジットカードで支払いできる場合が増えています。

税金も必ず支払いが必要な固定費と考えられますから、カード払いを利用してみましょう。

国民健康保険も税金と同様で自治体によってクレジットカード払いができますし、国民年金は全国どこでもクレジットカードでの支払いが可能です。

ただし、注意するべきはクレジットカードのポイント還元率です。

税金などののクレジットカード払いは手数料が必要になることがあるので、還元されるポイントと比較して手数料よりもポイントが少ないようなら、普段通り現金で払うのが賢い選択となります。

すぐにクレジットカード払いに切り替えるのではなく、きちんと調べてどちらがお得か比較してから支払い方法を決めてくださいね!

クレジットカードのポイント還元率が1%以上であれば、手数料よりも上回ってポイント還元される可能性が高いです。

スーパーでの買い物や食費

こちらも意外に思えるかもしれませんが、結局のところ食費もカード払いにした方がお得になることが多いです。

ある程度は節約するのも大切ですが、食費をなくすことは絶対にできません。
毎月必ず出費となる項目ですので、思い切ってクレジットカードで支払えばその分ポイント還元されます。

ただし、カード払いだからと言って強気に高級食材を買ったり、スーパーでの無駄遣いには要注意です。

カードで支払いする月に使ってもOKな食費の範囲で収まるように、しっかりコントロールする努力を忘れてはいけません。

また、普段から特定のスーパーで買い物する場合は、お店独自のポイントカードの方が還元率が高くてお得になることもありますので、よく比較しましょう。

民間保険会社への保険料

将来に備えて、民間の保険会社に加入している家庭も多いですよね。

生命保険、医療保険、学資保険、地震保険、自動車保険…洗いだしてみるといくつもの保険に加入しているのではないでしょうか。

合わせると年間で10万円、20万円と支払いしているかもしれません。

民間保険会社が提供する保険商品の多くはクレジットカードで支払いできるので、可能なものはクレジットカード払いに変えてしまうことをおすすめします。

当初の支払い方法通り口座引き落としのままにしておくのはもったいないです!

クレジットカードを使っているからお金が貯まらないというのは、使い方にセーブができないから。

毎年、毎月必ず出ていく固定費だけクレジットカード払いにするなら、使いすぎてしまうこともありません。

クレジットカードは立派な節約アイテムです、ルールを守って賢く利用してみてはいかがでしょうか?

無料でポイント還元の高い楽天カードがおすすめです

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング