冬に怖いヒートショックってなぜ起こる?身を守る方法とは

 

冷え症の改善対策のひとつに、温かい浴槽でゆっくりと身体を温めるという方法があります。

ですが、真冬の入浴は一歩間違えると事故につながってしまうことも少なくはありません。
その事故とは、ヒートショックによる急激な血圧の変動です。

ヒートショックってどんな現象?

室温の急激な変化によって起こる血圧の変動や脈拍数の変化を指します。

たとえば、こんなことってないでしょうか。

温かい室内からトイレに入ったとき、トイレ内の低い温度で瞬間的に身体がゾクッとするということ。

これは、人間の身体が持つ本能によって血管が急激に収縮して起こる現象です。

そして、この現象は心臓に大きな負担がかかるため、特に心臓に疾患をお持ちの方の場合では発作を起こしてしまう可能性も十分に考えられます。

また、さらに怖いのが浴室です。
浴室は普段から暖房を入れている場所ではないため、家の中で最も気温が低くなりやすい場所なんですね。

暖かい部屋から気温の低い浴室に入りいきなりヒートショックを起こすということはよくあることですので、この場所にも十分に注意しなくてはなりません。

トイレにも暖房器具を置きましょう

現在、トイレ用のコンパクトな暖房器具が数多く販売されており、センサーで人を感知した場合のみ作動する省エネタイプの製品も数多く存在しています。

トイレだけに暖房なんてもったいない…そう思ってしまわずに、トイレにも暖房器具を設置しておくことをおススメします。

寒い浴室はどうしたらいい?

最新のマンションなどでは暖房が完備されているところもありますが、古い家屋などでは浴室への暖房器具の設置が難しいこともあるでしょう。

そのような場合におススメしたいのは、入浴の10分程度前から浴槽のフタを開けておき、ドアを閉めて湯気であらかじめ浴室を温めておくという方法です。

ドアをきちんと閉めておきさえすれば浴槽のお湯の温度が急に冷えてしまうことはありませんので、ぜひこの方法を試してみて下さいね。

外気にも注意しましょう

近所への買い物に出かけるだけだから大丈夫、そう油断して玄関のドアを開けた瞬間に激しいゾクゾク感、動悸・息切れなどを感じたら、ひとまず玄関のドアを閉めて温かい室内に戻りましょう。

そして、厚出のマスクを着用してから外出するようにして下さい。
外気温の低さは肌で感じるものばかりではなく、口から体内に入る冷たい空気もヒートショックを起こす原因となることがあります。

温かい室内でいったんマスクを着用し、数回呼吸してから玄関のドアを開けてみて下さい。
驚くほど気温差を感じなくて済みますよ。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング