冬季限定の鬱病「冬季うつ」とは?原因と治療法

photo credit: When It Got Cold
photo credit: When It Got Cold

日本には四季があり、それぞれに体調管理の方法が異なります。

とりわけ、水分不足に陥りやすい夏や、外気温がグンと低くなる冬には体調を崩しがちになりますので、日々さまざまな面から健康管理を行っておく必要がありますね。

また、健康管理というと身体の表面に現れるお肌の状態や、熱や咳などの症状に対しては敏感になりますが、心の健康の問題に関しては案外見落としてしまいがちですよね?

今回は、冬に起こりやすいといわれているうつ的な症状の原因と解決策についてのお話です。

冬季限定のうつ病があった!?

一般的なうつ病の原因として挙げられるのがストレスや精神的なショック、環境の変化などであり、これは季節に関係なくいつでも発症するものです。

ところが、冬季限定で症状が現れるうつ症状があり、それは、季節的感情障害と呼ばれる病気で、通称「冬季うつ」と呼ばれています。

なぜ冬季うつになるの?

おもな原因は生活リズムの乱れとされていますが、太陽光がまったく射し込まない部屋への転居、あるいはダイエットなどによる食事の偏りや栄養不足などが冬季うつの原因となることもあるようです。

また、冬季うつは独特の症状が現れることがあり、冬季に限って急に甘い食品を好むようになったり、炭水化物を好むようになったりと、味覚の好みに著しい変化が現れることが多いといいます。

さらに、一般的なうつ症に多い集中力の低下、15時間以上の睡眠など、普段現れないような症状が現れたら注意信号であると考えて間違いはないでしょう。

もしかして…と思ったら

迷わずに心療内科で診察を受けましょう。

冬季うつだと診断された場合には、薬の投与で症状がすぐに落ち着くこともありますし、高照度光療法という光を浴びる治療であっさりと症状が消えてしまうこともあります。

いちばんよくないのは、なにもせずに放置しておくことです。

たかがうつと放置してしまったがために、季節が変わってもそのまま症状が改善されず、本格的なうつ病に進行してしまうことも考えられますから。

冬でも日光を浴びましょう

寒い冬になると、窓やカーテンを閉め切り部屋に閉じこもりがちになるという方は要注意です。

私たちの脳からはセロトニンという脳内伝達物質が分泌されていますが、この物質はうつ病防止に欠かすことのできないもので、おもに太陽光を浴びると分泌量が多くなるといわれています。

つまり、太陽光を浴びる機会が減れば減るほど冬季うつを発症しやすくなるということですね。

少々寒さを感じたとしても、できる限り太陽光を浴びる工夫を行って冬季うつから身を守りましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング