若年性更年期とは?こんな症状が出たら要注意!

photo credit: Say that you love me!
photo credit: Say that you love me!

最近、若い女性が「更年期障害」に悩むケースが増えています。

のぼせや、イライラ、めまい、頭痛、肩こりなどの症状が次から次に襲ってきて仕事もままならないという方もいるようです。

若い女性の更年期障害は「若年性更年期」と呼ばれ、ホルモンバランスが崩れ、不妊にもつながる怖い病気です。

若年性更年期障害について詳しく考えて行きましょう。

若年性更年期障害ってなんだろう?

若年性更年期障害とは、普通なら45歳~55歳の女性に来ると言われる「更年期障害」と似た症状が20代、30代で出てしまう病気のこと。

無理なダイエットを続けたり、仕事や人間関係のストレス、喫煙などが影響しホルモンバランスが乱れた事によって発祥するケースが多いのだとか。

普通なら、老化が原因で起こる更年期障害が若い人にも出てしまう・・・。これってとても怖いことなんです。

では、若年性更年期を放っておくとどうなるのかを見ていきましょう。

若年性更年期を放置すると怖い!

若年性更年期は、ホルモンバランスが極端に乱れた事により、体の不調が出てくる事だとお話しました。

女性には2つのホルモンがあり、エストロゲンと、黄体ホルモンというホルモンが交互に出る事で女性らしい体を保っています。

しかし、バランスが崩れてしまうと卵巣に負担がかかり生理が止まるなどの無排卵状態に。これって、将来の妊娠を妨げる怖いものなんです。

生理が来ないのは楽でいいやと放っておく女性もいますが、治療を急がないと将来結婚してから不妊治療に通い続ける事になる恐れも。

こんな症状が出たら受診しよう

  • のぼせる
  • 落ち込みやすくなる
  • イライラする日が多くなった
  • 頭痛が前より酷くなる(回数が増える)
  • 食事が美味しく感じない
  • 急に冷え性の症状が出てきた
  • めまいが酷い
  • 息切れや、動機がある
  • 夜眠れない日がある
  • 朝早く目覚めたり、夜中に起きてしまう事が増えた
  • 何もしていなくてものどが渇く
  • 肌の調子が悪い
  • 生理の出血の量が少ない、あるいは止まってしまった
  • 性交すると痛みがある
  • 性欲がわかない

これらの症状にいくつかでも当てはまるのなら、若年性更年期障害が出始めている証拠かもしれません。

特に生理の出血量は大切で、急に少なくなったり、止まってしまうことがあったら、他に不都合が無くても婦人科で相談してみる事をお勧めします。


いくつかの項目に当てはまってはいた物の、症状が軽い場合は自分で解決することも可能です。

ビタミンEを含む食材を取り、睡眠、運動、食事この3つの観点から生活を見直しましょう。

体を温め規則正しい生活をする。
これだけで体調が驚くほど良くなったという方も多いので、試してみる価値はありそうです。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング