携帯依存の症状とは?依存症になりやすい人の傾向


携帯電話は、今は自分の分身と呼べるくらいの存在と言う人も多いでしょう。LINEや、ゲーム、動画など、休みがあれば常に携帯を触っている人もいるようです。

それに伴い、最近若い人たちの中で「携帯依存症」が急激に増えていいます。
「もしかして・・私も・・携帯依存かも」と思う人もいるかもしれませんね。

携帯依存症とはどのような病気なのか。そしてどのような症状が出てくるのかを一緒に考えて行きましょう。

こんな人は要注意!携帯依存症になりやすい人の傾向

  1. スマホを忘れると居ても経っても居られない気持ちになる
  2. 1日4時間以上スマホを触る
  3. 恋人が側に居ても携帯を触り続ける
  4. 食事の時も側に携帯がないと落ち着かない
  5. 携帯の予備バッテリーは常に充電され、持ち歩かないと心配
  6. 寝る直前まで携帯電話を見ている
  7. ネットでのつながりが濃い
  8. 1日に数回ブログの更新を行なう

このような行動を日ごろとっているあなたは、携帯依存症になりやすい傾向があります。

携帯依存症が進んでしまっている人は、自分で「携帯依存だ」と気が付く事は少ないのだそう。
他人から指摘され始めて「私って携帯依存症なのかも」と自覚するようです。

家族から「最近携帯触りすぎじゃない?」なんていわれている人は、自分がこの項目に当てはまっていないかを確認してみてください。

携帯依存が進むとどうなってしまうの?

携帯を触っている事は誰にも迷惑をかけていないじゃないか!
と思われる人もいるでしょう。でも、携帯依存症が進むと生きていくうえで色々な不具合が出てくるみたいです。

携帯依存症が進んだ時に出てくる症状とはどんなものなのでしょうか?

睡眠が取れずうつ病になる

ゲーム依存症と同じで、時間を忘れて携帯を触り続ける症状が出てくるため、睡眠がしっかり取れなくなります。
眠いくらいならまだいいのですが、睡眠をとらないことで「朝起きれない」「会社に行きたくない」「何もしたくない」とうつ病を同時発症してしまうケースが多いんです。
睡眠は、体内時計を合わせ体を健康に保つために必要なもの。
それがしっかり出来なくなると、人間の体調がおかしくなってしまいます。

人間関係が悪くなる

他人と話をするよりもスマホを触っていた方が楽しいと感じはじめると、コミュニケーションを取ろうとしなくなります。
家に引きこもり誰とも話さない日が続くため、リアル友達がどんどん減り、生活が充実しなくなるため、余計に携帯電話にハマるという悪循環に陥ります。
恋人といても、携帯を触り続けないと落ち着かないため、恋も結婚も上手くいかなくなることも。

下向き姿勢でストレートネックに

スマホを覗き込む姿勢を取り続けると、首に負担がかかり「ストレートネック」になります。ストレートネックになると、偏頭痛や、肩こり、めまいなどを引き起こします。
姿勢は心身にとても影響するもので、俯き姿勢を取り続けると、パニック障害や、うつ病になりやすいという研究結果もでています。


スマホはとても便利なツールで時に楽しいおもちゃになります。
でも、使いすぎると心や体に悪影響が出てしまいます。

携帯依存症を治すためには、まずは素直に「依存している」と認める所からはじめましょう。

そして使う回数を少しずつ減らしたり、無駄なアプリを削除することも必要です。取り返しが付かないほど依存する前に。

携帯の使い方を一度考えてみませんか?

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング