気温の寒暖差による「くしゃみ・鼻水」の症状はスキーヤー鼻?

photo credit: Shandi-lee {pieces II}
photo credit: Shandi-lee {pieces II}

春や秋には、その季節独特のアレルギーがあり、その代表選手は花粉症でしょう。
また、夏には汗による湿疹や冬には冬独特のスキーヤー鼻という症状が現れることがあります。

花粉症や湿疹は私たちの身近にあるものであり、耳に慣れた言葉なのではないかと思いますが、スキーヤー鼻については余り知られていないのではないかと思います。

それでは、スキーヤー鼻とはどのような症状なのか、どのような対処方法があるのか詳しく調べてみることにしましょう。

冬独特の症状、スキーヤー鼻ってなに?

気温の寒暖差により、急にくしゃみが出はじめて止まらなくなったり、鼻水が出たりする症状を指し、条件によって冬以外の季節に起こることもあります。

また、スキーヤー鼻は鼻炎の症状とよく似ていますが、実際にアレルギー検査を行ってもアレルギーの原因となっているアレルゲンを特定することができないため、アレルギーとしての分類はされていません。

ただし、アレルギーのような症状が現れるため、おおまかに寒冷アレルギーとして分類されることはあるようです。

スキーヤー鼻の原因について

前述の通り、気温の寒暖差によって症状が現れるのがスキーヤー鼻で、寒い外から温かい室内に入ったとき、あるいはその逆に温かい室内から気温の低い外へ出たときに現れやすくなります。

そしてその原因はさまざまのようですが、冬に限定して現れるスキーヤー鼻の原因としては、冷たく乾燥した外気に鼻の粘膜が過敏に反応し、一時的にアレルギー性鼻炎のような症状が現れるのが通常です。

この場合では、その環境に身体が適応すればその症状が治まるはずですのでそれほど深刻に考える必要はありませんが、症状が余りにもひどい場合には鼻の粘膜が大きなダメージを受けていることも考えられますので、耳鼻科で診察を受けてみるとよいでしょう。

耳鼻科では、必要に応じて抗ヒスタミン剤などの薬を処方してくれます。

これもスキーヤー鼻?

眩しい光を見たり、香水などの強い香りをかいだときに一時的にくしゃみが出ることってありませんか?

これもまた、スキーヤー鼻の一種として考えられているようですが、この原因は妊娠によって嗅覚が敏感になっていたり、自律神経系統のバランスが崩れ気味になっていたりするときに起こることが多くなります。

妊娠は病気ではありませんので出産後にはもとの嗅覚に戻ることが考えられますが、めまいや立ちくらみなどの症状とともに鼻の粘膜が光や香りなどに対して敏感に反応するようであれば、ひとまず自律神経の異常を疑う必要が出てきますので、内科で受診してみることをおススメします。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング