乾燥肌の救世主ヘパリン類似物質配合の化粧品

photo credit: I see you
photo credit: I see you

コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水で保湿をおこなっているのに、なかなか乾燥肌が改善されないという方がいらっしゃいます。

この原因には、栄養不足や血行不良など身体の内部の問題が災いしていることもありますが、現在使用しているコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水がもともとの体質に合っていない可能性も否めません。

そのようなときには美容皮膚科で相談を行ってみることがいちばんの解決策となりますが、美容外科ではコラーゲンやヒアルロン酸ではなく、へパリン類似物質配合の軟膏を勧められることがあります。

ヘパリン類似物質ってなに?

乾燥肌の改善に効果が高いとされている物質で、日本では皮膚科で処方される乾燥肌改善のための軟膏に含まれています。

ヘパリン類似物質のおもな役割は、保湿、血行不良の改善、抗炎症作用で、皮下の深部にまで成分が届き、皮膚細胞そのものを修復させる効果を持っています。

たとえば、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分は角質層の保水効果に優れているという特徴を持っていますが、ヘパリン類似物質は角質層のさらに奥、真皮に届いて作用しますので、根本的な乾燥肌の改善に役立つ物質であるということがわかるでしょう。

ヘパリン類似物質配合の化粧品

皮膚科で処方されるヘパリン類似物質配合の軟膏は、水仕事や乾燥などによる手足の指やかかとに高い効果を期待することができますが、顔のお肌の乾燥が気になるのであれば、市販のヘパリン類似物質を配合した化粧水やクリームでのケアがおススメです。

コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水による保湿でどうしても乾燥肌が改善できないときには、ヘパリン類似物質配合の化粧品をぜひ試してみて下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング