紙が水分を奪う!指先が乾燥する原因は職業病かも

冬に限らず、女性に多い悩みのひとつに手のひらの乾燥があります。

たとえば、こんなことってないでしょうか。
なにかものをつかんだときにスルッと落してしまう。

これが起こる原因は、手のひらや指の腹の油分や水分の不足です。

それでは、手のひらや指の腹の油分や水分が不足する原因と解決策について考えてみることにしましょう。

食器洗い用洗剤で油分不足

ゴム手袋を使用して水仕事をすれば、確実に食器用洗剤の刺激から手肌を守ることができます。

ですが、少量の食器を洗うときなどはつい面倒になって、素手のままで水仕事をすることもあるでしょう。そしてこれが何度も積み重なると、やがて手肌は油分と水分を失い、どんどん乾燥をしてしまいます。

これを防ぐためにはどうすればよいのか?

もちろん素手で水仕事をしないことがいちばんの予防策ではありますが、

  • 熱過ぎるお湯で食器を洗わない
  • 水仕事のあとにはすぐにハンドクリームを手肌によく擦り込んでおく

などの工夫で、手荒れを防ぐことができます。

特に熱過ぎるお湯はもともと手肌が持っている油分や水分まで洗い流してしまいますので、38~39度のややぬる目のお湯を使用するように注意してみて下さい。

コピー用紙が水分を奪う!

特に事務仕事に従事している方の場合では、コピー用紙をはじめとする紙に触れる機会が多いのではないでしょうか?

また、スーパーなどでレジの仕事に従事している方の場合でも、お札という紙に触れる機会が多いですよね。

そして、そのような紙に触れているうちにいつしか指先が乾燥しているということがあるのではないかと思います。

実はこれ、紙に触れることによって指先の水分が奪われているからなんです。

たとえば、湿度の多い場所にコピー用紙を置いておくと、なんとなくフニャッとしていることってありますよね?

あれこそがまさに、コピー用紙が水分を吸った状態です。
そして、どのような紙であっても同様です。

紙に触れる気か手の多い仕事に従事されている方は、常に油分が多めに含まれているハンドクリームを手元に置き、こまめに塗り直すことを心がけましょう。

ハンドクリームは手肌に油分と水分を補う働きを持っていますので、静電気の防止にも役立ちますし、一石二鳥ですよ。

また、お休み前にハンドクリームで手全体をよくマッサージし、コットン手袋を着けて休むと、翌朝には手肌がしっとり、手肌の乾燥を改善することができますので、ぜひ試してみて下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング