大人ニキビ改善におすすめの栄養素は亜鉛

[更新]  /  [公開] 2015年12月1日

なかなか治らない大人ニキビは、食べ物との関係も深い。

刺激物をとらないようにして、温かい飲み物を積極的に飲んでいるのに、それでも大人ニキビが治らないこともあります。

そんな人は、毎日の食生活の中でミネラルは足りていますか?
ミネラルとくに亜鉛が足りないと、大人ニキビが改善しにくくなるのです。

必須ミネラルは足りていますか

亜鉛やカルシウムなどは、ミネラルと呼ばれる栄養素です。
ミネラルには必須ミネラルと呼ばれる16種類があり、塩素、ヨウ素以外は金属元素です。

必須ミネラルのうち主要ミネラルと言われるのが、
カルシウムやリン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、硫黄、塩素です。
ほかに微量ミネラルがあり、
鉄や亜鉛、銅、マンガン、コバルト、モリブデン、ヨウ素、クロム、セレンです。

これらのミネラルは人間の体が活動していくためには欠かせないものです。
鉄分は、血液にのって酸素を運ぶヘモグロビンと深いかかわりがあります。

そして亜鉛は、鉄におとらず必要なミネラル分です。

しかし、鉄も亜鉛もふだんの食事では足りておらず、とくに30代以上の女性では足りていな人がとても多いのです。

亜鉛でターンオーバーを正常化

なぜ亜鉛が大人ニキビに効果的かと言えば、新陳代謝に必要な栄養素だからです。細胞分裂時にはポリメラーゼという酵素が要りますが、これには亜鉛が含まれています。

亜鉛が足りていれば細胞分裂は正常におこなわれ、皮膚のターンオーバーも28日くらいの周期です。28日ごとに古い細胞がはがれて新しく生まれ変わるので、お肌はいつもピカピカです。

ところが亜鉛が足りなくなると、皮膚細胞のターンオーバーが遅くなります。
ターンオーバーがきちんとされないと、古い細胞がいつまでも残っていることになります。

角質層の機能が低下し、肌の保護バリアも弱まり、角質層は余計に乾燥して大人ニキビが増えやすい状態です。

こうなるとどんな薬を塗っても効果が少なく、大人ニキビがなかなか完治しません。

亜鉛を主体とするミネラルをしっかりとると、ターンオーバー周期が乱れずにすみ、肌の保護バリアが強くなります。

亜鉛には即効性はありませんが、かなりがんこな大人ニキビも半年ほどで改善することが多いのです。

亜鉛が豊富なのはカキと牛肉

亜鉛を多く含む食品といえば、カキ。
生ガキには100gあたり13.2㎎の亜鉛が入っています。

成人女性の1日推奨摂取量は7㎎ですから、生ガキ一粒を食べればいいことになります。
ただしカキはシーズンがありますし、手に入りやすい食材ではありません。

カキに次いで効率がいいのが牛肉です。

たとえば牛肩100gには、亜鉛4.9㎎が含まれています。
牛ひき肉で4.3㎎、牛ヒレ肉で4.2㎎です。

だいたい150gの牛肉を食べれば推奨摂取量の亜鉛がとれるので、大人ニキビができている時こそ、牛肉をたっぷり取りましょう。

ほかにもカニや卵黄にも含まれているので、上手に組み合わせれば、それほど苦労をしなくても食事から亜鉛はとれます。

生理不順にも効果あり

亜鉛の働きとして、ホルモンの活性化も見逃せません。
亜鉛が足りないと女性ホルモンが分泌されにくくなるので、生理周期がきちんと整いません。

大人ニキビで困っている女性のなかには、生理不順や婦人科の不調に悩んでいる人が大勢います。

意識して亜鉛をとることにより、女性ホルモンが分泌される→生理が順調に来る→大人ニキビがよくなるという順序でよくなるケースがあるんです。

[ 特集 - 大人ニキビ ]

[ 大人ニキビ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング