大人ニキビ改善に効果的な4つのビタミン成分・食材

[更新]  /  [公開] 2015年11月29日

人間の体は食べたものでできています。
ふだんは忘れがちなのですが、骨や筋肉、内臓、爪、髪の毛などはすべてたんぱく質です。

もちろんお肌もそうですね。
たんぱく質は食べるものからとっているので、大人ニキビと食べ物には深い関係があります。

そこで、大人ニキビ改善に効果があるビタミン4つをピックアップしました。
参考にしてくださいね。

ターンオーバー正常化:ビタミンA

ビタミンAには、お肌のターンオーバーを正常化させる効果があります。

肌の新陳代謝は約28日で、これがきちんと働いていれば古い角質ははがれおちて、肌の保護バリアも元気。

大人ニキビもできにくくなります。
ビタミンAを豊富に含む食材は、意外にも肉や魚など動物性のもの。
鶏レバー、あんきもなど内臓部分にたくさん含まれています。

ゴージャスなところでは、フォアグラもおススメです。
野菜類でいえば、ホウレンソウがいいですね。

大人ニキビに効果的なビタミンB群

ビタミンB“群”というのは、8種類のビタミン(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)を総称したものです。

糖分、脂肪、たんぱく質などいろいろなものの代謝に関係し、お互いに協力し合って働くので、ひとまとめに「群」と呼ばれます。

特にビタミンB2は皮脂の過剰分泌を防ぐ働きがあり、B6にはターンオーバーを促進する働きがありますから、大人ニキビに効果的です。

皮脂はアクネ菌(ニキビの原因菌)のえさになり、多ければどんどんアクネ菌を増やしてしまうので、皮脂分泌のバランスは大人ニキビの死活問題です。

ビタミンB群を含む食材には、ニンニクやゴマ、卵黄があります。

美白やエイジングケアに有効なビタミンC

美白やエイジングケアでも注目されるビタミンC。
大人ニキビにとっては、ニキビ跡にメラニン色素が沈着するのを防いでくれる働きがあります。

また大人ニキビの大きな原因は、ストレス。
ストレスが増えると体内の活性酸素が増え、ビタミンCを消費してしまいます。

ビタミンCが足りなくなるとコラーゲンの生成が促進されず、お肌が弱って、また大人ニキビが増えると言う悪循環におちいるのです。

ビタミンCを含む食品と言えば、野菜や果物。
ほとんどの野菜や果物に含まれていますが、特に緑色の葉物野菜や、赤&黄色ピーマンにたくさん入っています。

果物ならば、かんきつ類やキウイ、いちご、アセロラなど。
果物は生で食べる機会が多いので熱で壊れやすいビタミンCを摂るのに最適な食材です。

美肌に効果的なビタミンE

ビタミンEは大人ニキビに限らず、美肌全般に効果的。
ホルモンバランスをととのえて、大人ニキビの原因である男性ホルモンの過剰分泌を押さえてくれます。

女性ホルモンが多い状態なら、角栓もできにくく、毛穴もつまらないので大人ニキビの予防になります。

ビタミンEは、アーモンドなどナッツ類に多く含まれます。
魚卵にも豊富で、あんきもや筋子、たらこ、イクラもいいですね。
ぜいたくができるなら、キャビアもいいんですよ。

普通の食生活でも十分補える

いかがですか。
ビタミン類はサプリメントでもとれますが、普通の食生活をしていればそれほど足りなくなることはありません。

ただ、水溶性のビタミンは体に長く留まらないので、食事の度に摂るのが望ましいです。
コンビニ弁当などをひかえめにして、野菜やフルーツ、卵、乳製品などを積極的にとりましょう。

身体の調子も良くなりますよ。

[ 特集 - 大人ニキビ ]

[ 大人ニキビ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング