お雑煮のお餅は何個まで?お餅1個のカロリーは意外と低い

[更新]  /  [公開] 2015年11月26日

お正月といえばお雑煮ですね。

お雑煮はそれぞれの地方によって味噌ベースだったり醤油ベースだったり、また、そこへ入れる具にもさまざまな違いがあるようです。

ですが、全国的に必ずお雑煮に入れるものがあります。

それは、お餅。
お餅のカロリーが高いということを認識している方は多いのではないかと思いますが、お雑煮に入れるとついつい美味しくて食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

では、お餅ってどれくらいのカロリーがあるのでしょうか? 食べ過ぎるとどのようなことが起こるのでしょうか?

切り餅の1個当たりのカロリーは意外と低い!

切り餅1切れ50gでは、約120キロカロリーです。

意外と低いと思いませんか?
ですが、ここが落とし穴です。

皆さんはお雑煮1食当たり、何切れのお餅を食べますか?

2切れであれば240キロカロリー、お雑煮のスープや具をすべて合わせても、1食当たりのカロリーは400キロカロリー程度で収まるでしょう。

ところが、お餅を4個5個と食べてしまうと、4個では480キロカロリー、5個では600キロカロリーと、注意しなければならないカロリーに跳ね上がってしまいます。

お餅は太るから食べないという方をたまに見かけますが、切り餅1切れでは120カロリー程度ですので、これで太るということはまず考えられません。

要は、食べ過ぎてしまうから太るということですので、誘惑に負けてお餅を食べ過ぎないよう注意しましょね。

お餅を食べ過ぎると…

胸やけを起こすことがあります。

お餅はお腹に溜まりやすいという特徴を持っていますが、その分消化に時間がかかるという欠点を持っているため、1度にたくさん食べてしまうと胸やけや胃もたれの原因となってしまうことがあります。

この部分を考えても、お餅はできる限りセーブしながら食べることが望ましいということがわかりますね。

また、万が一胸やけや胃もたれを起こしてしまったら、ひとまずリラックスできる椅子に腰かけて休んで下さい。

胃の中に入った食物は、時間がかかっても必ず消化されますので、そこで無理に胃薬や飲み物を飲むのではなく、身体を休息させることが胸やけや胃もたれを解消するベストな方法です。

また、お雑煮にあらかじめ大根を入れておくことにより、大根が持つ消化酵素が胸やけや胃もたれを防いでくれますよ。

お雑煮を食べる前後に大根おろしを食べるというのも賢い方法です。

せっかくのお正月に胸やけや胃もたれは起こしたくないもの。また、食べ過ぎて体重が急激に増加しても困りますしね。お雑煮のお餅は食べ過ぎず、快適なお正月を過ごしましょう。

[ ダイエット食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング